アハモの苦情クレーム電話番号を調査!問い合わせメールも可?

NTTドコモが提供する携帯電話の新料金プラン、「ahamo(アハモ)」

デジタルネイティブ世代のニーズに特化し、スマホファーストのシンプルなサービスをオンライン限定で提供。

料金プランも中容量(20GB)のシンプルなプランのみとなっていますが、ahamoに絡む困りごとがある場合に充分なサポートを期待できる、苦情・クレームの受付窓口は存在するのでしょうか?

「チャットボットでのご相談」の概要をチェック!

(画像引用:https://ao-megane.com/3116/)

さてahamo公式サイトの「お問い合わせ」ページへアクセスしたところ、「ahamoに関するお問い合わせに、チャットボットがお答えします」として、チャットボットが案内されていました。

お問い合わせページに掲載されている連絡手段は、こちらのチャットボットのみ。

電話窓口の情報や、問い合わせ用のメールフォームなどは、見当たりません。

回答できない場合は専用オペレータに誘導するとは言うものの、苦情・クレーム連絡をサクッと受け付けてくれるような感じではありませんね…。

ドコモ インフォメーションセンターは対応してくれない!?

そこで何かしらの電話番号が共有されていないかと、ahamoの「特定商取引法に基づく表記」に目を移したところ、「ドコモ インフォメーションセンター」の電話番号を確認することができました。

しかしながら更にahamoに関して深掘りしてみると、「『ahamo』は、お申込みから契約後のサポートまで、オンラインにて受付するプランです」「データ移行を含む各種機種操作については、お客さまご自身でのご対応となります」「ahamoご契約後のご相談は専用チャットをご利用頂くこととなり、ドコモショップやインフォメーションセンターではお受けできません。ドコモショップでのサポートをご希望の場合は必要に応じて有料の『ahamo WEBお手続きサポート』等をご利用ください」といった注意書きが続々と目に飛び込んできましたよ^^;

そもそもahamoは、“サービス内容などについての相談も専用チャットのみ”と明言しているのです。

冒頭でも述べましたが、シンプルなサービスをオンライン限定で提供するのがahamoであり、契約後のサポート・問い合わせといった点ではデメリットがあることを、念頭に置いておく必要がありますね。

ahamoの特徴は?

ahamoの料金プランは中容量のシンプルなプランのみ…と冒頭でお伝えしましたが、同サービスの特徴である料金プランについて、もう少し深掘りしておきましょう。

改めて押さえておきますと、ahamoのプランはたった1つで、条件はなし。

最初から最後まで値段は変わらず、容量たっぷり20GB、国内通話5分無料(SMS、他社接続サービスなどへの発信は別途料金が必要)もついています。

この内容で、基本料金は税込2,970円(機種代金は別途必要)。

データ通信量は20GBもあれば大体事足りますから、非常にお得なプランと言えそうです。

もちろん、20GBを超えてしまった場合は、いつでも追加することが可能。

1GBは、+550円です。

なお、dカードでahamoの料金のお支払いをすれば、データ通信量が毎月追加でもらえますから、このあたりも上手く活用して、よりお得にahamoを使いたいですね^^

また、追加料金不要で、海外82の国・地域にてデータ通信が利用できるのも、ahamoの大きなメリットです。

日本人が渡航する国の95%をカバーしているとのことで、海外を訪れる機会のある方にとっては、朗報ではないでしょうか。

ちなみにスマホとSIMを購入する場合、スマホ代の支払いは一括か36回払いか、どちらかを選ぶことが可能。

ahamoで選べるスマホは3種類で、スマホ代金は割と高くなりがちですが、月々の支払いを軽くして、あとは基本料金をプラスするだけなら、負担も減りますね。

もちろん、SIMのみ購入の場合なら、スマホ代金は掛かりません。

さらに、送料は一律掛からず、事務手数料についても、新規・乗り換えともに0円。

その他、契約時に、必要なオプションサービスを選べばOKです。

なるほどahamoを賢く取り入れれば、かなりの出費を抑えることができそうですね^^