救急車の苦情クレームはどこに?電話番号や問い合わせメールを調査!

今回は「救急車」に対する苦情・クレームがある場合、どこへ連絡を入れると良いのか、具体的な情報をお伝えしたいと思います!

救急車が消防署にあるのは、なぜ?

昭和初期に日本赤十字社で最初に登場し、その2年後に当たる昭和8年に、警察部で運用された「救急車」。

昭和23年には警察部から市町村(消防署)へ移されるとともに、救急業務も現在の消防業務の組織となりました。

この時、初めて救急車が消防署にて運用されるように。

火を消すことを専門とする消防署に、なぜ救急車があるのか?と不思議に思われている方もいらっしゃるでしょうが、このような経緯があったのです。

今では消防車に乗る人も救急車に乗る人も、作業内容は全く異なるものの、どちらの車でも乗ることができるように、同じ訓練や研修を受けているのだとか。

ちなみに「救急車を呼んだはずなのに、消防車が先に来た」「火事でもないのに、救急車と消防車が一緒に来た」と驚くことがありますが、消防車(Pumper)と救急車(Ambulance)が同時に出動することを、双方の頭文字から「PA連携」といい、救急隊だけでは迅速な活動が困難な場合や、救命のために一刻を争う場合などに、救急隊と同時に、現場に最も近い消防隊が出動しています。

消防車にもAEDや応急処置を行う資器材を積載し、救急隊員と同じ資格を持った消防隊員が出動しているのです。

ここまでの説明にて“救急業務も消防業務の組織”であることがお分かりいただけたかと思いますが、その消防の管理者は市町村長であり、消防に要する費用は当該市町村が負担しています。

そして消防組織法では「消防本部・消防署・消防団」の3つを消防機関と定めており、市町村はこれらのうち、全部または一部を設けなければなりません。

なお救急車を運用する消防署は、市町村が設置する消防本部の下部機関に当たります。

そういったわけで、救急車に絡む苦情・クレームの連絡先は、“各市町村の消防本部”となるわけです。

具体的な連絡先を調べよう!

各市町村の消防本部の連絡先は、当然ながら、それぞれ異なります。

そのため、該当する消防本部の連絡先はご自身にてお調べいただきたいのですが、今回は東京都の消防本部を例に挙げ、詳細をお伝えすることにしました。

ちなみに大変紛らわしいのですが、東京都の消防本部の名称は、「東京消防庁」といいます。

そしてこれは、「総務省消防庁」とは異なりますので、区別してください。

各地域の消防本部につきましては、各地域の消防機関一覧(全国消防長会ホームページ等)を御参照ください。

疑問・質問ではなく意見や要望を受け付けているというアナウンスを見ると、苦情・クレームに類する内容も、こちらのメールアドレス宛てに送信すれば良いのでしょう。

なお、同じく東京消防庁のこちらのページには、メールだけでなく電話連絡も可能となる、「都民相談窓口」の詳細が記されています。

ただ都民相談窓口は、“消防に対する意見や要望等”に対応しているとのことですから、狭義に受け取ると、救急車に関する意見等は対象外かも知れません。

さて最後に共有いたしますと、東京消防庁に寄せられた都民の声には、「救急車のサイレンは必ず鳴らさないといけないのか?」といったものもあるようなのですが、救急車は一刻も早く傷病者を医療機関へ搬送し、医師に引き継ぐため、道路交通法に定めらた「緊急自動車」として運行しています。

救急車に限らず、緊急自動車はサイレンを鳴らし、赤色灯をつけなければならないと定められているため、サイレンの音を消すことはできないのです。

救急車のサイレンがうるさい…と感じてしまうことはありますが、このような事情については、あらかじめ留意しておきたいですね。