アメックスの苦情クレーム電話番号!問い合わせメールも可?

今回は「アメリカン・エキスプレス(アメックス)」の苦情・クレーム受付窓口について、具体的な情報をお伝えしてまいります!

「お客様サポート」の案内をチェック!

(画像引用:https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2108/03/news127.html)

さてアメリカン・エキスプレスの問い合わせに関する情報は、公式サイトの「お客様サポート」ページにまとめられています。

困ったときの対処法や「よくあるご質問」への回答などをサクッと確認できるので、トラブルが発生した場合には、まずチェックしてみると良いですね。

ページの一番下には「お問い合わせ窓口一覧」も見られ、「サービス別」「カード別」に、各種窓口が案内されています。

ただ個人カードの問い合わせ先だけでも14もの窓口が紹介されていますから、実際の問い合わせ時には状況を整理した上で、ご自身にて一覧に目をとおしてみてください。

ここでは特に利用する機会が多いと思われる5つの窓口をピックアップして、以下に概要を記します。

〇カード別 お問い合わせ窓口
※新規カードの審査状況はお応えいたしかねます。
<個人カード> ※一部を紹介
・アメリカン・エキスプレス®・カード
0120-010120
(通話料無料/9:00~17:00/土日祝休)
携帯電話、通話料無料の番号が使えない場合
03-6625-9100

・アメリカン・エキスプレス® ・ゴールド・カード
0120-010120
(通話料無料/9:00~17:00/土日祝休)
携帯電話、通話料無料の番号が使えない場合
03-6625-9100

・プラチナ・カード®
プラチナ・コンシェルジェ・デスク
0120-376107
(通話料無料/24時間 ・年中無休)
海外からは、 81-3-6625-9666まで

・アメリカン・エキスプレス® ・スカイ・トラベラー・カード
0120-020120
(通話料無料/9:00~17:00/土日祝休)
携帯電話、通話料無料の番号が使えない場合
03-6625-9100

出典:お客様サポート|American Express

“苦情・クレーム”といった直接的なワードを冠する窓口は見当たりませんから、まずは「お客様サポート」の内容を一読し、ご自身のカードや必要なサポートと合致する連絡先を選ぶことになりそうです。

なお「お客様サポート」ページに問い合わせ用のメールフォームなどは設置されていませんが、耳や言葉が不自由で電話での問い合わせが困難な場合に限り、FAXでの問い合わせも可能とのこと。

FAXでの問い合わせを希望する場合には、こちらのページにて詳細を確認してください。

メールを通じての問い合わせも可能…?

「お客様サポート」にメールアドレスの案内はないものの、アメリカン・エキスプレスのセキュリティに関するページに目を移してみると、フィッシングや詐欺に絡む注意喚起の項目に、以下のような情報を見付けることができました。

〇フィッシングや詐欺に備える
-不信なメール、WEBサイト、電話を受けた際の報告先-
不審なメールを受信されたら、次の宛先に送信してご報告ください。spoof@americanexpress.jp

出典:あなたを守るために、伝えたいこと|American Express

不審なメールを受け取った際には、こちらのアドレスへ一報を入れると良いですね。

続いては本社代表電話の番号なども周知されているのか気になり、「会社概要」のページをチェックしてみましたが、共有されているのは日本支社の所在地のみで、電話番号は確認できませんでした。

ちなみに“関連会社”の欄に掲載されていた「アメリカン・エキスプレス・ジャパン株式会社」とは、アメリカン・エキスプレスのカード会員向けの旅行手配、コンシェルジェ・サービスを含むお客様サービスの全般を主な業務とする、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.の100%出資子会社のこと。

2005年9月より事業を開始し、2009年7月に現在の名称へ社名変更。

カード会員のさまざまな要望に経験豊富なスタッフが対応しているとのことで、関連のカードを利用する際には、関りを持つことになるでしょう。

以上、問い合わせ時の参考になれば幸いです^^

カード解約(退会)の方法や注意事項を押さえよう!

なお、アメリカン・エキスプレスカードの解約に関しては、事前に押さえておくべき注意事項が幾つもあります。

関連の情報を知らなければ、苦情・クレームに発展する可能性も高いでしょうから、解約の方法や注意点についても、併せて押さえておきましょう。

さて、解約の手続き方法自体は、至ってシンプルです。

お持ちのカードのお問い合わせ先まで、連絡を入れればOK。

カード別お問い合わせ先一覧にて電話番号を確認の上、基本カード会員ご本人様から、解約を申し出てください。

その際の注意事項は、大きく分けて3点。

メンバーシップ・リワードのポイントが失効すること、ご利用残高は一括でのご請求となること、オンラインサービスやサービスアプリ内のご利用機能に制限が掛かること、の3点です。

要するに、ご解約のお手続き後はカードだけでなく、会員様向けサービスが利用できなくなることにも留意する必要があるのですが、もう少し詳しく見ていきましょう。

まず、カード解約時には、追加カード/提携カードも解約となることを覚えておく必要があります。

家族カードや追加カードを使用している方に、ご解約後はカードが利用できなくなる旨を、しっかり伝えておきましょう。

もちろん、家族カード・追加カードで登録済の各種サービスや特典についても、解約後は利用できません。

一方、ETCカードやJR東海プラスEXカードは、自動的に解約となります

お持ちのETCは解約後、利用できないので、十分注意しなければなりませんね。

JR東海プラスE Xカードについては、新規ご予約・変更・払戻しは利用できませんが、既にご予約済みの場合は、ご予約分のみ利用することが可能です。

ANA アメリカン・エキスプレスの提携カードに関しては、カードの表面に刻印されているマイレージ番号も使用できなくなるので、ANAにご連絡のうえ、マイルの引継ぎ手続きを行いましょう。

ANAアメリカン・エキスプレス・スーパーフライヤーズ・ゴールド・カード、およびANAアメリカン・エキスプレス・スーパーフライヤーズ・プレミアム・カードを退会される場合には、ANAスーパーフライヤーズの資格も喪失いたします。

楽天Edy(エディ)の機能をお使いの場合には、残高を使い切ってからカードを破棄してください。

楽天Edy残高の返金や、カード切断後の楽天Edy残高は、補償されません。

加えて、公共料金・通信料金などのお支払い方法を変更する必要もありますね。

解約の手続きを済ませたにも関わらず、お支払い方法を変更しないままでいると、延滞扱いとなり、各サービスが利用できなくなる恐れがあります。

併せて、Apple Payや電子マネーの決済にアメリカン・エキスプレスのカードをご利用の場合は、解約後に決済ができなくなるので、決済方法を変更しましょう。

引き続き電子マネーなどをご利用される場合には、他のクレジットカードの登録が必要です。

保険・補償に関しても、よくよく注意しなければなりません。

例えば、アメリカン・エキスプレスが団体契約者となっている保険は、アメリカン・エキスプレスのカード会員であることがご加入条件のため、カード解約と同時に保険も解約となります(複数枚アメリカン・エキスプレスのカードをお持ちの場合は、団体保険の契約が継続できる場合もあり)。

アメリカン・エキスプレスカードの解約により、一部の保険も解約となるケースがあるわけですが、さらに、解約したアメリカン・エキスプレスでご加入の団体保険外の商品に関しても、保険料支払先変更が必要となるため、対象商品の引受保険会社へ一報を入れましょう。

その他、カードに付帯する保険、各種補償/付帯サービスや特典も、利用できなくなりますね。

最後に、退会手続き以前に準備されていたダイレクトメール等については、退会手続き完了後2~3か月にわたり、お客様に送付される場合もあるそうです。

長々と書き連ねてまいりましたが、どれも重要な事項ですから、解約時の参考にされてください。