アリさんマークの引越社の苦情クレーム電話番号!問い合わせメールも可?

赤井英和さんのCMでもお馴染みの、「アリさんマークの引越社」

徹底した“お客様目線”を貫いているという同社ですが、利用者の声に耳を傾ける、苦情・クレームの受付窓口を設置しているのでしょうか?

「カスタマーセンター」の概要をチェック!

(画像引用:https://hikkoshi-365days.com/2626ari/)

公式サイトの案内によると、アリさんマークの引越社は“お客様の生の声”を集積し、品質の向上に努めるべく、早くから「カスタマーセンター」(お客様の引越しに対するさまざまな不安やご質問の受け答えや、引越しの後のアフターケア等を一括して受け持つ独立した組織)を設置しているそうです。

お客様がなかなか声に出しにくいささいな意見を吸い上げ、独自の社員教育システムに盛り込むことで、常に品質(人の質・作業の質)の改善・向上を図っているという同社。

さらに、引越し終了後には全てのお客様に向けてアンケートハガキをお渡しし、返信されたハガキをカスタマーセンターにて集約&直接担当者にフィードバックすることにより、今後の改善に役立てているとも説明されていますね。

カスタマーセンターは、“お客様と会社の最も身近な相談窓口”として、なくてはならない存在というわけです。

前置きが長くなりましたが、お見積り以外に関する問い合わせがある場合には、以下の総合受付窓口を利用すれば良いとのこと。

■お見積り以外に関するお問い合わせ
お見積り以外に関するお問い合わせは、総合受付窓口をご利用ください。
※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
アリさん総合受付窓口 0120-77-2626
受付時間 7:00~20:00(年中無休)

出典:お問い合わせ|引越しのことなら【アリさんマークの引越社】

苦情・クレームに類する内容も、こちらの窓口へ申し伝えることになるでしょう。

なお、インターネットからの問い合わせを希望する場合には、次の「お見積り以外に関するお問い合わせ」用フォームを活用するよう、指示されていますよ。

■お見積り以外に関するお問い合わせ(インターネットからのお問い合わせ)
こちらの入力欄に必要事項を入力し、個人情報の取り扱いに同意のうえ、「同意して確認画面へ進む」ボタンをクリックしてください。
※入力欄は全て必須項目となっております。ご注意ください。
※お見積りのご依頼は、専用のお問い合わせフォームをご利用ください。
※メールアドレス等は正確に入力をお願いします。

出典:お問い合わせ|引越しのことなら【アリさんマークの引越社】

電話・メールの双方で問い合わせできる点は、利用者目線で大変ありがたいと感じました^^

また、本社代表電話の番号等も周知されているのか気になり、「会社概要」の掲載情報にも目を移してみたところ、主要な所在地は確認できたものの、電話番号といった連絡先は併記されておりません。

やはり問い合わせに際しては、最初にお伝えした「カスタマーセンター」等へ一報を入れるシステムのようですね^^

アリさんマークの引越社の特徴は?

アリさんマークの引越社の特徴についても、改めて確認しておきましょう。

お客様に最高の引越しサービスを提供し、安心と喜びと満足を与え、紹介される引越社を目指しているという、アリさんマークの引越社。

直接お客様と契約の上、責任を持って引越し作業を行っているため、様々なニーズにきめ細かく対応することができ、大きな満足及び信頼を頂けると確信しているそうです。

そんな同社は、普段は引越し以外の荷物を運んだり、下請業者に委託したりする業者もある中、「完全自社システム」が最も安心していただける仕組みだと考えているそう。

それゆえ、創業以来、「引越専門」であることを守り続けてきました。

引越しだけを行うメリットは、技術が磨かれ、ノウハウに詳しく、品質の高いサービスを提供することができる点。

アリさんマークの引越社は、数少ない引越専門だからこそできる「お客様本位」のサービスで、確かな満足を提供しているのです。

加えて同社は、近・中距離はすべて、アリさんのトラックで作業。

100%自社トラックにて、自社で育成したスタッフが責任をもって運ぶことにより、高い安心感を届けています。

併せて、全ての作業員が名前を開示することで、自覚と責任感を高めているのだとか。

さらに、接客のプロ・引越しのプロとして、自信を持ってお客様に対応できるよう、万全の研修体制を用意して、スタッフの教育にも力を注いでいます。

前述のとおり、独立したカスタマーセンターも、早くから設置。

このような、徹底した「お客様目線」こそ、アリさんマークの引越社が愛され続けている理由といえるでしょう。

そこに、「引越専門」という同社の大きな特徴が加わって、サービスの質が担保されているわけですね^^