朝日新聞の苦情クレーム電話番号を調査!本社への問い合わせは可?

今回は「朝日新聞」の苦情・クレーム受付窓口について、具体的な情報をまとめたいと思います!

「お問い合わせフォーム」の概要をチェック!

(画像引用:https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/)

さて朝日新聞のニュースサイト「朝日新聞デジタル」並びに、朝日新聞社からのお知らせ等をまとめた「朝日新聞社」のサイトにアクセスの上、「ヘルプ・お問い合わせ」ページの「お問い合わせフォーム」にアクセスしてみると、各種お問い合わせフォームが案内されていました。

朝日新聞に対する問い合わせの連絡は、基本的にこれらのフォームを通じて入れるシステムのようです。

お問い合わせフォームは、全部で5種。

「記事についてのご意見」「朝日新聞デジタルについてのお問い合わせ」「(朝日新聞デジタル会員向け)登録情報、お支払情報などのお問い合わせ」「各種携帯サイト、その他のデジタル商品に関するお問い合わせ」「その他のお問い合わせ」の中から、該当するものを選びます。

特に、問い合わせではなく“ご意見”を受け付けているという「記事についてのご意見」フォームは、苦情・クレームがある場合に活用する可能性が高いかと思いますので、以下に詳細をまとめますね。

■お問い合わせフォーム 記事についてのご意見
こちらのお問い合わせフォームからお送りください。
※朝日新聞の紙面は地域によって異なりますので、ご住所をご記入ください。

<問い合わせに際しての留意事項>
・すべてのご意見・ご要望・お問い合わせにお答えできない場合もあります。あらかじめご了承ください。
・ASA(新聞販売所)・購読・配達についてのお問い合わせは、ASAにお客様の情報をお知らせしたり、対処を要請することがあります。あらかじめご了承ください。
・弊社からの回答内容の転用、二次利用は固くお断りいたします。
・お問い合わせへの対応は、月~土(祝日・年末年始を除く)の午前9時~午後5時とさせていただきます。ご了承ください。

出典:ヘルプ・お問い合わせ|朝日新聞社

ちなみに「お問い合わせの種類」を入力する欄には、“ASA(朝日新聞販売所)、配達、ご購読について/記事の内容についてのご意見/新聞記事などの転載、利用について/写真・図版の貸し出し、利用について/催事・イベントのお問い合わせ/個人情報の取り扱いについて/その他のお問い合わせ”との選択肢が見られます。

本社等の電話番号をチェック!

なお「ヘルプ・お問い合わせ」ページに電話窓口の情報等は見られなかったので、「会社情報」の「所在地」より「アクセスマップ」のページに目を移してみたところ、一般の問い合わせ窓口として機能しているとのアナウンスは見受けられないものの、次のような連絡先を確認することができました。

〇本社等の所在地と電話番号
<東京本社>
所在地 〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2
TEL 03-3545-0131(代)
<大阪本社>
所在地 〒530-8211 大阪市北区中之島2-3-18
TEL 06-6231-0131(代)
<西部本社>
所在地 〒803-8586 北九州市小倉北区室町1丁目1番1号(リバーウォーク北九州内)
TEL 093-563-1131(代)
<名古屋本社>
所在地 〒460-8488 名古屋市中区栄1-3-3
TEL 052-231-8131(代)
<北海道支社>
所在地 〒060-8602 札幌市中央区北一条西1丁目6 さっぽろ創世スクエア9階
TEL 011-281-2131(代)
<福岡本部>
所在地 〒812-8511 福岡市博多区博多駅前2-1-1福岡朝日ビル3階
TEL 092-411-1131(代)

出典:会社情報|朝日新聞社

一応上記が、本社等代表電話の番号ではあるようですね。

一方、朝日新聞社の「主なグループ企業・関連団体」一覧は、こちらのページにて確認することが可能。

「新聞・出版・WEB」「文化」「広告」「広告クリエイティブ・イベント」「折込広告」「印刷・発送」「販売関連・即売」「海外」「不動産・ビル管理」「業務支援・人材サービス」「その他」「放送」「関連団体」という13の項目に分けて、グループ企業などのURLが案内されていますから、問い合わせ時の参考にしてください^^

朝日新聞の特徴を知ろう!

なお、朝日新聞に対する苦情・クレームを抱えている場合など、ほかの新聞と比較したいというというときに、“そもそも、朝日新聞の特徴とは…?”との素朴な疑問に行き着く方もいらっしゃるでしょう。

改めて押さえますと、朝日新聞は、1879年(明治12年)1月25日に第1号を大阪で発行し、その歴史をスタートしました。

1907年には、かの夏目漱石が入社。

「虞美人草」以降、「三四郎」「それから」「こゝろ」といった小説は、すべて朝日新聞に連載されたものです。

その後、長い時を経て、スマートフォンで何でも調べられる時代が到来しましたが、いま何が起きていて、これからどうなるのか、いま何をすればいいのか、答えは簡単ではありません。

デマや根拠があいまいな情報がネットに溢れ、社会の分断や対立を招いている、先行きが不透明な時代だからこそ、“確かな情報をお届けすることで、荒海を進むためのナビゲーターでありたい”との想いを、現在の朝日新聞は抱いているといいます。

加えて朝日新聞は“だれ一人取り残さない”との国連が掲げるSDGsの理念に共鳴し、持続可能な社会に貢献する企業でありたいとも考えているそう。

2020年には業界に先駆けて、「ジェンダー平等宣言」も公表しました。

新聞やデジタルなどの媒体はもちろん、イベント・知的財産事業・カルチャーセンターやスポーツクラブまで、同グループが持つあらゆるチャンネルを通じて、人とつながり、必要な情報を届け、議論や交流の場を提供している朝日新聞。

“みなさまの豊かな暮らしに役立つ総合メディア企業”であり続けるために、実績や歴史に胡坐をかくことなく、新しい新聞社に生まれ変わり挑戦を続けていくという姿勢こそが、その最大の特徴と言えるかも知れません。