シースリーの解約・退会方法と電話番号を紹介!返金はいつ?

3つのケアで効果・安心・満足が“超持続”するという、プレミアム全身脱毛の「シースリー(C3)」

“最もお得に感じる脱毛サロン№1”などともPRされており、興味をそそられますが、契約の解除・退会手続きはどのように進めれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク?

契約の解除に際してはクーリングオフの利用が可能!

(画像引用:https://c-3-esthe.com/beginner/)

シースリーの公式サイトにアクセスし、「特定商取引法に基づく表示」に目をとおしてみると、返品・交換の欄には「書面受領日を含む8日間以内に、書面(内容証明郵便等)を発信することにより、契約を解除できます。(クーリングオフ)」との内容が掲載されていました。

クーリングオフとは、いったん契約の申し込みや契約の締結をした場合でも契約を再考できるようにし、一定の期間であれば無条件で契約の申し込みを撤回したり、契約を解除したりできる制度のこと。

特定商取引法におけるクーリングオフができる取引と期間によれば、エステティックや美容医療などの「特定継続的役務提供」の場合には“8日間”という期間が定められており、シースリーは同制度の利用を案内しているわけですね。

クーリングオフする場合は、契約書(お客様控え)を受領した日を含む8日間以内に、シースリー(株式会社ビューティースリー)本社宛てに必ずハガキ等の書面を送付する方法で、手続きを進める必要があるそう。

なおクーリングオフは、客側が書面を発信した時点(郵便消印日付等)から効力が発生しますから、簡易書留扱いで送るのが確実な方法です。

シースリーが掲げるクーリングオフの内容は、以下のとおり。

①お客様は契約書(お客様控え)を受領した日から8日間は、書面(発信した時点で効力が発生します)により入会金を含め、契約の解除ができます。

②契約の解除が当サロンの責により妨害された場合は、経済産業省で定められた契約の解除ができる旨を記載した書面の交付・説明を受けた日から8日間を経過するまでは、契約の解除ができます。

③クーリングオフされた場合、違約金及び提供済みの役務の対価は、お支払い不要です。もし、お支払済み金銭がある場合、速やかに全額を返還致します。

ハガキには、①ご契約日 ②契約書(お客様控え)受領日 ③サロン名 ④ご契約コース名⑤ご契約コース金額 を記入の上、郵送します。

〇郵送先〇
〒135-0047東京都江東区富岡1丁目13−6 ビューティースリービル
(株)ビューティースリー シースリー
お客様相談窓口宛
※クレジットカード及び信販会社を利用している場合には、取扱い信販会社宛にも同様の書面を郵送する

書面が受領されると、契約時の電話番号に向けたSMS、またはメールアドレスへのメールにて、受領確認の連絡が入るそうです。

万が一シースリーからの連絡がない場合には、下記の番号へ電話しましょう。

〇シースリーお客様相談室〇
TEL:0800-888-4315

スポンサーリンク

クーリングオフ以外の解約・退会方法もある?

…と、クーリングオフに関してはよく理解できましたが、シースリーの公式サイトを読み込んでみても、それ以外の解約・退会方法が明記されておらず、少々不親切に感じられました。

そこで利用者の口コミを当たってみると、

・通っている店舗かお客様センターに電話で解約の意思を伝え、その後届く書類に必要事項を記入&捺印のうえで返送すれば、手続き完了

・公式サイトの「解約についてのお問い合わせ」ページから連絡を入れると、電話で連絡した場合と同様に書類が送られてくるので、必要事項を記入&捺印のうえ、返送すればOK

といった報告が上がっていました。

とりあえず電話か問い合わせページより解約の希望を申し出ることが一番で、その後、指示に従えば良さそうですね。

ただシースリーの解約に絡む評判は余り良いものではなく、掲示板やSNS等をチェックすると、「問い合わせの返信が一向に届かない」「脱毛の予約が全く取れず、やむを得ない状況で解約を決断したのに、返金はほぼないみたい」「結構な解約金を請求される模様…」などの悲痛な叫びが幾つも寄せられていました。

返金のタイミングについても、「かなり遅い。注意しておかないと、ずっと放置される」との声が。

既に契約を済ませているか否かに関わらず、気に掛かる点等が出てくれば、なるべく早くシースリー側に問い合わせた方が良さそうですね…。

スポンサーリンク