カルビーの苦情クレーム電話番号!本社への問い合わせは可?

ポテトチップス・じゃがりこ・Jagabee(じゃがビー)・かっぱえびせん・サッポロポテトといったお馴染みのスナックに、フルグラをはじめとするシリアル・その他食品と、数々の人気商品を手掛ける「カルビー」

「私たちは、自然の恵みを大切に活かし、おいしさと楽しさを創造して、人々の健やかなくらしに貢献します」との企業理念を掲げる同社ですが、消費者の生の声に耳を傾ける、苦情・クレームの受付窓口を設置しているのでしょうか?

「お客様相談室」の連絡手段をチェック!

(画像引用:> https://www.calbee.co.jp/)

さてカルビー公式サイトの「お客様相談室」という項目にアクセスしてみると、「私たちはお客様のお声 ひとつひとつを大切にしています」とのアナウンスを添えて、下記の電話番号が案内されていました。

■お客様相談室
<お電話>
0120-55-8570
受付時間 10:00~16:00(土・日・祝日を除く)
お客様からいただいたお電話は、内容確認のために折り返しご連絡することがあり、電話番号の表示をお願いしています。また、内容を正確にうけたまわるため、録音をさせていただいております。
※電話機を非通知に設定されている場合には、はじめに「186」をつけておかけください。
※公衆電話は電話番号通知ができませんので、固定電話か携帯電話からおかけください。

出典:お客様相談室 – カルビー

なお別途設置された「お客様相談室の取り組み」というページにて「お客様相談室」の役割が説明されています。

こちらの内容を鑑みるに、苦情・クレームに類する内容も、お客様相談室へ申し伝えれば良いのでしょう。

また同ページには「本社、地域お客様相談室、工場の連携によるご指摘対応」を実施中であるとの明言が見られ、お客様相談室へ届けた声が、そのまま本社にも伝わるシステムと理解できます。

ちなみに「お客様相談室」への連絡手段は、電話ばかりではありません。

その他連絡手段のとして「メール」「チャット」「お手紙」があります。

詳細概要はこちらをご覧ください。

「お客様相談室」の意義がとても丁寧に説明されているうえ、連絡手段も豊富に提示されており、個人的なカルビーの好感度は更にアップしました^^

カルビーの特徴とは?

最後に、カルビーグループの事業内容についても詳細をまとめますので、カルビーの特徴をつかみ、問い合わせの一助としてください。

「自然の恵みを大切に活かし、おいしさと楽しさを創造して、人々の健やかなくらしに 貢献します。」という企業理念の下、時代とともに変化する消費者のニーズに応えた商品を開発し、新たな食の価値を創造してきた、カルビーグループ。

主として、ポテト系、小麦系、コーン系・豆系のスナック菓子及び、シリアル食品の製造・販売等を行っている点が特徴です。

その「国内食品製造販売事業」に着目すると、国内においては、スナック菓子市場で50%以上のシェアを有し、特に主力の「ポテトチップス」や「じゃがりこ」等を含むポテト系スナックにおいては、70%を超える高いシェアを維持。

シリアル食品では「フルグラ」が市場の拡大を牽引し、シリアル市場においてもトップシェアを誇っています。

一方、「海外食品製造販売事業」に目を移すと、海外においては、国内で培った自然素材の加工技術を活かし、現在は9つの地域において現地の生活者のニーズに合わせたスナック菓子を販売。

シリアル食品の「フルグラ」は、中国本土を中心に販売しています。

この約10年の間で、国内事業の収益拡大と海外事業の本格化により、大きく事業の成長を遂げてきた、カルビーグループ。

ここから先も持続的に成長していくためには、国内既存事業基盤の変革に加えて、グローバル市場での収益基盤を確立することや、新たな食領域への挑戦など、新しい成長の芽を育てていく必要があると考えています。

事業環境の変化に向き合い、食の未来に向けた変革と挑戦を進めるカルビーが、今後どういった“新たな価値”を提示してくれるのか、消費者として非常に楽しみですね^^