セントラルスポーツの苦情クレーム電話番号を調査!本社への問い合わせは可?

充実したプールやジム・スタジオプログラムを用意する、スポーツクラブ・フィットネスクラブ等の「セントラルスポーツ」

「0歳から一生涯の健康づくりに貢献する」を経営理念に、心とカラダの健康づくりをサポートする同社ですが、苦情・クレームの受付窓口を設置しているのでしょうか?

お問い合わせフォームの概要をチェック!

(画像引用:https://www.central.co.jp/)

さてセントラルスポーツ公式サイトの「お問い合わせ」ページをチェックしてみると、「各クラブへの見学・体験・ご入会・施設・サービス等のお問い合わせ」並びに「本社へのお問い合わせ」のそれぞれについて、問い合わせ用のメールフォームが設置されていました。

各クラブに対しては、お問い合わせページにて「エリア名」と「ご希望のクラブ」を選択の上、該当クラブ宛ての専用フォームを通じて連絡を入れることが可能。

一方で本社宛てのフォームは、「株主優待・IRについて」「法人会員システムについて」「スポーツツアー・イベントについて」「スクーバダイビングについて」「キッズ野外体験スクールについて」「健康増進プログラムについて」「介護予防サポートについて」「採用について」「新規出店用地(店舗開発事業)について」「カスタマーサポートセンター宛」の10種が用意されています。

苦情・クレームに関しては他に特段該当するものがなければ、「カスタマーサポートセンター宛」のフォームを利用すると良さそうですね。

■カスタマーサポートセンター宛フォーム
カスタマーサポートセンターへのお問い合わせは、こちらから。

<本社へのお問い合わせに際しての留意事項>(一部を抜粋)
1.土・日・祝日・年末年始・夏季休業期間または、その他休業日は、翌営業日以降の回答とさせて頂きますので、ご了承ください。
2.お客様のご質問・ご意見につきましては、迅速な回答を心がけておりますが、内容によりましてはご回答にお時間を頂く場合、またご回答を致しかねる場合もございますので、予めご了承ください。
3.店舗(クラブ)に関するご質問につきましては、該当店舗(クラブ)名を明記くださいますようお願い致します。尚、お急ぎの場合には直接店舗(クラブ)へお電話にてお問い合わせくださいますようお願い致します。
4.お問い合わせ内容によりましては、該当部署より直接ご対応させて頂く場合もございます。
5.お名前・電話番号・メールアドレス・ご住所等、虚偽登録はご遠慮ください。その場合にはご返答できない場合もございます。
6.お問い合わせ内容によりましては、Eメール以外の方法でお返事をさせて頂く場合もございます。

出典:カスタマーサポートセンター宛フォーム|セントラルスポーツ

電話による問い合わせも可能…?

なお、お問い合わせページの冒頭には「お問い合わせに関しましては当サイトのフォームにて受け付けております。下記該当フォームにお問い合わせ事項ならびに必要事項をご記入の上、送信してください」とのアナウンスが見られ、フォームと同じような役割を果たす電話窓口は設置されていない様子でした。

ただセントラルスポーツ各店舗(クラブ)の電話番号は、「全国クラブ検索」より調べることが可能。

各店舗に関しては、メール・電話の双方で連絡が取れるシステムですね。

それならば本社の電話番号も周知されているのかと期待して、「会社概要」のページに目を移してみたのですが、所在地のみ掲載されており、本社代表電話の番号といったものは見当たりません。

とはいえ本社が受け付けていると明示したメールフォームが提示されているわけですし、各店舗向けの連絡手段と併せて、是非とも活用したいですね^^

セントラルスポーツの退会・休会方法は?

苦情・クレームを抱え、セントラルスポーツの退会を検討されている方に向けて、同クラブの退会・休会方法も、併せてお伝えいたします。

まずは、退会手続きについて。

セントラルスポーツの退会を希望する場合には、各月の10日(10日が休館日の場合、翌営業日)までに、所定の退会届を提出すると、その月末限りで退会することができます。

例えば4月末の退会を希望するのであれば、4月10日までに届け出ると良いわけですね。

なお24時間営業のクラブに関しては、上記手続きではなく、WEB上の操作にて各種届出を行うところもあるため、ご入会中のクラブを確認の上、手続きを進めてください。

退会ではなく、休会するというのも一案です。

休会を希望する場合には、各月の10日(10日が休館日の場合、翌営業日)までに、所定の休会届を提出することにより、翌月から休会することができます。

例えば4月からの休会を希望する場合には、3月10日までに届け出れば良いですね。

休会費は、1か月につき1,650円。

休会期間は、1か月~6か月と定められていますので、退会と休会、どちらを選ぶのが適当か、ご自身の状況に応じて検討してみてください。

休会は、途中で解除することが可能。

ただし、レセプションまで届出が必要となるので、あらかじめ留意しておきましょう。

また、退会の場合と同様に、24時間営業のクラブについては、上記手続ではなくWEB上の操作にて各種届出を行うところもあります。

入会中のクラブを確認の上、手続きを進めてください。

併せて、契約ロッカーに関しても押さえておきましょう。

休会中であっても、契約ロッカーを継続する場合には、全額を支払わなければなりません。

解約を希望する場合は、別途、解約の手続きが必要となりますね。

休会の手続きは済ませたものの、契約ロッカーの解約をうっかり忘れてしまい、使用することのないロッカー代を支払う事態にもなりかねませんから、解約を希望するのであれば、休会手続きの際に一緒に申し出ましょう。

セントラルスポーツの会員コース変更方法

ちなみにセントラルスポーツは、会員コースの変更も受け付けています。

会員コースの変更を希望する場合には、各月の10日(10日が休館日の場合、翌営業日)までに、所定の変更届を提出すれば、翌月からコースを変更することができますね。

例えば4月より変更を希望の場合、3月10日までに届け出ればOK。

なお諸費用に関しては、フィットネスのみの場合は変更手数料1,100円が、セキュリティカードが必要な区分であればセキュリティカード代3,300円が発生するので、事前に確認しておきましょう。

セントラルスポーツには、それぞれの目的やスケジュールに合った様々なコース(会員区分)が用意されているので、自身のフィットネス・ライフスタイルや予算に応じて、会員区分を選択することが可能。

退会・休会という手段を取らなくても、コースを変えることで無理なく継続できるケースもあるでしょうから、いろいろな方法を検討してみると良いですね。

ちなみにコース(会員区分)には、すべての時間帯を利用できる「マスターシングル」(タオルつき)や、「シングル」(タオルなし)、ご家族で入会すると1人あたりの料金が割安となる「ファミリー(リーダー・メンバー」に、平日の昼間の時間帯を利用できる「デイタイム」、また平日の夜間の時間帯を利用できる「ナイト」などがありますが、クラブによって、コース区分は異なります。

そのため、詳細を知りたい場合や不明点などがあれば、各クラブに問い合わせを入れつつ、手続きをすすめてみてください。