中日新聞の苦情クレーム電話番号!本社への問い合わせは可?

今回は「中日新聞」の苦情・クレーム受付窓口について、具体的な情報をまとめたいと思います!

“ご意見・お問い合わせ”はメールにて!

(画像引用:https://chunichi-si.co.jp/products/)

さて中日新聞公式サイトの「ご意見・お問い合わせ」ページにアクセスしてみると、「中日新聞Webサイト、中日新聞社、各紙に関するお問い合わせ」に関して、複数のメール連絡先が案内されていました。

同じページの「よくある質問とその答え」や中日新聞Webの案内などをチェックしても解決しない場合は、お住まいや現在購読している新聞の銘柄を確認の上、メールにて質問するシステムのようですね。

単に問い合わせではなく“ご意見”を受け付けているとの表現から、苦情・クレームに類する内容も、これらのメール連絡先に送信すれば良いのでしょう。

その中では「中日新聞社全般、ウェブサイト中日新聞Webに関するお問い合わせ」が一番使用頻度が高いと思われますので、連絡先を参考にしてみて下さい。

なお、電話窓口の情報は見当たりませんでした。

本社等の電話番号をチェック!

そこで本社代表電話の番号等は周知されていないのか気になり、続いては会社概要のページに目を移してみました。

一般の問い合わせ窓口として機能しているのかは不明ながら、一応、中日新聞社本社等の電話番号が掲載されていましたので参考にしてみて下さい。

中日新聞の特徴は?

併せて、中日新聞の特徴についても押さえておきましょう。

さて、地域に密着した新聞として知られる中日新聞ですが、実際には、世界の動きから身近な地域の話題まで、満載の内容となっています。

世界の大ニュースを追いながら、その一方で、地域の出来事も丹念に伝える。

社会の暮らしの在り方を、読者とともに考えるー。

同紙は、新聞ジャーナリズムの1つの結晶ともいえる完成度の高さで、中部地方において圧倒的な信頼を得ているのです。

豊富な情報量と読みやすい編集で、主読紙と呼ぶにふさわしい紙面を日々提供していることも、支持を集める理由でしょう。

また、サンデー版やホームニュースなど、各種別刷が充実している点も、中日新聞の特徴ですね。

例えば毎週日曜日の別刷りサンデー版でお届けしている「大図解シリーズ」では、新聞見開き2ページで大型イラストや図表をふんだんに使い、時のニュースや季節の話題などを、分かりやすく解説しています。

そして、最後に取り上げる特徴は、折込広告が多く、お値打ち情報満載で経済的であること。

中日新聞に日々折り込まれる広告を見比べて、豊富な買い物情報を有効に活かしたり、チラシについているクーポンを利用したりすると、何と1か月だけでも5,800円ほど安く買い物ができるそうです。

折込広告を見て、ちょっとした知恵や工夫でやりくりしたいですね。

その他にも中日新聞は、読んだ新聞をリサイクルする「古紙回収」を実施したり、離れて暮らす高齢者の方を見守る異常事態支援サービス「み・まもーる」(登録制)を手掛けたりと、地域に愛される様々な取組に注力しているようです^^