CMの苦情やクレームはどこに?窓口電話番号を紹介!

テレビだけでなくネット上においても、「広告」を見掛ける機会は本当に多いですよね。

改めて考えると、その影響力は甚大といえるでしょう。

それゆえウソや大げさな表現が含まれた広告は相当危険だと思うのですが、広告そのものを俯瞰的に見つめて問題があると感じた場合、受け手の意見を吸い上げてくれる機関は存在するのでしょうか?

一企業の一CMという垣根を超え、広告に絡む苦情や意見を申し出ることができる窓口はあるのか、具体的に調査してみました。

「JARO」とはどのような機関?

(画像引用:https://www.jaro.or.jp/)

リサーチの結果、広告に絡んでは「JARO」という組織があると判明しました。

JAROとは「公益社団法人 日本広告審査機構(Japan Advertising Review Organization)」のことを指し、不適切な広告をなくして良い広告を育むために「広告・表示の適正化」を進めているそうですね。

同法人は広告主や新聞社・出版社・放送会社・広告会社・広告制作会社といった関連企業が自ら集って1974年に設立したもので、「広告・表示に関する民間の自主規制機関」として機能しています。

消費者から寄せられた広告・表示に対する意見を起点に公平なスタンスで審査を行い、問題がある場合は広告主へ改善を促してくれるそうですから、消費者にとっては非常に心強い存在だと感じました。

「JARO」との連絡方法を紹介!

JAROとの連絡は、公式サイトにある「広告みんなの声」というページから取ることができます。

文章で意見を伝えたい場合には、専用の送信フォームを利用すれば良いですね。

電話やFAX番号も公開されており、具体的な連絡先は以下のようになっています。

■電話・FAX
・東京
TEL 03-3541-2811
FAX 03-3541-2816
・大阪
TEL 06-6344-5811
FAX 06-6344-5916
電話受付時間(土・日・祝日・年末年始を除く)
9:30~12:00/13:00~16:00

出典:広告みんなの声 | JARO 公益社団法人 日本広告審査機構

オンライン・電話・FAXに加え、郵便でも「広告・表示へのご意見や苦情」を受け付けてもらえるので、必要な場合は以下の住所まで書面を郵送しましょう。

■郵便
・東京
〒104-0061 
東京都中央区銀座2-16-7
恒産第1ビル
・大阪
〒530-0001 
大阪市北区梅田2-5-8 
千代田ビル西別館
公益社団法人 日本広告審査機構「広告みんなの声」係

出典:広告みんなの声 | JARO 公益社団法人 日本広告審査機構

なおJARO以外にも、広告について消費者からの相談を受け付けている官公庁や団体の窓口は存在します。

具体的には、消費者庁や放送倫理・番組向上機構などですね。

大変ありがたいことに、各窓口の連絡先はJAROの「相談窓口リンク集」にまとめられていますから、一度目をとおしてみると良いでしょう。

ざっと概要をチェックしてみた感想として、JAROのサイトには非常に有益な情報が数多く記載されていると思いました。

一消費者として知っておいて損はない事項が幾つも盛り込まれていますから、悪い意見に限らず広告に関する想いがある場合には、是非チェックしてみてください^^

最近のCMの特徴と視聴者の反応は…?

…と、ここまでJAROの概要について詳しく押さえてまいりましたが、そもそもJAROに対して、どのような苦情が届いているのか気になったため、最近流れているCMの特徴と絡めながら、深掘りしてみました。

JAROがリリースしている「2021 年度上半期審査状況」に目をとおして感じたのは、近年、良くも悪くも「携帯電話サービス」のCMが存在感を示しているということです。

確かに松田翔太さん・桐谷健太さん・濱田岳さんらが出演する「三太郎」シリーズは、CM好感度ランキングの常連。

綾瀬はるかさんを起用したNTTドコモのCMなども、印象的ですね。

ただ、やはり目に付く回数が多く、インパクトが強い内容が目立つこともあってか、携帯電話サービスのCM全般に対しては、手厳しい指摘も多い模様。

JAROによれば、「料金やプランが分かりにくい」「音声がうるさい」といった苦情が、幾つも寄せられているそうです。

その他には、なるほど近年よく見掛けますが、「オンラインゲーム」のCMに引っ掛かりを感じている方も少なくない様子。

またコロナ禍の状況を反映して、ワクチン接種を推奨する政府広報や、屋外で飲む場面が映し出される飲料、PCR 検査を謳うクリニックなどの広告に対しても、様々な意見が届いているようですね。

そう考えると、その時々のCMが世情を反映していることはもちろんですが、CMに対する苦情・クレーム等に目を移すと、視聴者、ひいては世間の人たちの時流に即した心情までもが、つぶさに映し出されている印象を受けます。

JAROの相談受付件数(年間 JARO審査統計/月別 苦情・問い合わせ受付件数及び媒体別受付件数)は、こちらのページより確認できるので、興味のある方は、ぜひチェックしてみてください^^