コストコの解約・退会方法を紹介!オンラインや郵送は可?

アメリカ生まれのメンバーシップ制ウェアハウス・クラブ、「コストコ」

高品質な商品とサービスを、よりお買い得価格で提供することをモットーに、日本全国27倉庫店が展開されています。

“メンバーシップ制”ということで、利用に際しては会員登録が必要となりますが、登録及び解約・退会の手続きは簡単に済ませることができるのでしょうか?

スポンサーリンク?

コストコの会員になるにはどうすればよい?

コストコの個人会員登録には、年会費4,400円(税抜)のゴールドスターと、年会費 9,000円(税抜)のエグゼクティブ・ゴールドスターという、2種類があります。

全世界のコストコ倉庫店で利用できる点や、無料家族会員カードが1枚付与されることなどは共通していますが、エグゼクティブ会員になると、

・年間購入金額の最大2パーセント、エグゼクティブリワードを獲得
・年4回以上実施される、エグゼクティブ会員限定の特別割引クーポン
・コストコグローバルカードとの併用で、リワード還元率3.5%(最大)

といった特別な特典もありますね。

ちなみにコストコ会員登録の手続きは、倉庫店とオンラインで進めることができます。

近隣の倉庫店で会員登録を行う場合には、本人確認書類を持参のうえ店まで足を運び、メンバーシップカウンターにて手続きを済ませましょう。

本人確認書類として使用できるものは、以下のとおり。

・免許証
・保険証
・パスポート
・住民票(日付の古くないもの)
・障害者手帳
※マイナンバーカード、マイナンバー通知カードは使用不可。
本人確認書類の写しも使用できない

また倉庫店の検索は、「倉庫店を検索」ページから行ってください。

メンバーシップ入会の申し込みをオンラインで実施したいときは、こちらのページから。

入会手続き完了後に、倉庫店メンバーシップカウンターにて、会員証の発行手続きを進めましょう。

なお年会費をオンラインで支払う場合は、入会の手続き後にオンラインショッピングのためのアカウント登録を完了すると、会員証発行前からオンラインショッピングを利用することが可能。

一方で年会費を倉庫店にて支払う場合には、入会手続き時に発行される受付番号を持参のうえで倉庫店メンバーシップカウンターへ足を運び、そちらで精算及び会員証の発行手続きを済ませる流れです。

スポンサーリンク

コストコの解約・退会方法をチェック!

(画像引用:https://www.jalan.net/news/article/64681/)

コストコ会員登録の手続きについて見てみると、解約・退会手続きも倉庫店・オンラインの双方で受け付けてもらえる感じがしますよね。

しかし会員種別にかかわらず、退会の手続きは、倉庫店メンバーシップカウンターでのみ可能です。

オンラインに加えて、郵送での手続きも不可。

“会員ご本人様のみお手続き可能”と案内されていますから、メンバーシップカードを持参のうえ、近隣の倉庫店メンバーシップカウンターへ足を運びましょう。

なお家族会員や追加会員の退会手続きについても、本会員が退会する家族会員/追加会員のカードを持参して、店頭で進めることになります。

その際に、家族会員/追加会員の来店は不要です。

万が一会員証を紛失した場合は本人確認のため、住所が確認できる本人確認書類の提示を求められるので、注意しましょう。

また一度退会すると退会した月から12か月間は新規会員登録を実施することができず、同住所にお住まいの18歳以上の方についても12か月間は新規会員登録ができないシステムですから、併せて念頭に置いておく必要がありますね。

…と注意点ばかりを列挙してきましたが、更新または会員の追加登録・退会手続きは日本国内のどの倉庫店でも受け付けてもらえるとのことで、融通が利きます。

さらに、会員がコストコのシステムやサービス内容に満足できない場合、有効期限内の解約であれば年会費を全額返金する「年会費保証」制度もあって、利用者目線が有難いと感じましたよ^^

スポンサーリンク