CM女優・俳優

マネードクターCM女優は誰?曲名も紹介!高橋一生出演(2020年1月より)

ファイナンシャルプランナー(FP)による無料のFP相談を予約できるサービス・マネードクターの新CM「教育資金」篇に登場する女性が、非常に魅力的です。

同CMは高橋 一生さん演じる“マネドク”が地域の人々のお金の悩みや保険の相談に乗ることで、お金に関する不安を安心に変えて皆に笑顔を届けるという設定なのですが、留学に絡む金銭的な不安が解消され嬉しそうにほほ笑む女性の笑顔に、こちらまでホッコリしてしまいます^^

加えてどことなく聞き覚えがあるBGMのメロディも、明るい気持ちにしてくれますね。

CMを眺めるうちに女子生徒役の女優とCMソングの詳細が気になってきたので、併せてリサーチを進めました。

女子生徒役を演じる女優は誰!?

さてマネドクに相談を持ち掛ける女子生徒役に扮するのは、モデル・女優として活躍する駒井 蓮さんです。

中学1年の春休みに家族旅行で青森から東京を訪れた際、竹下通りにて現在所属しているボックスコーポレーョンのマネージャーにスカウトされ、デビューを果たしました。

直後より「ポカリスエット」のCMや雑誌「ニコラ」の専属モデルを務めるなど、すぐに頭角を現した駒井さん。

その愛らしい顔立ちと好感度の高いキャラクターは数々の企業からも評価されており、既に長府製作所・JR西日本・パナソニックオーディオ・高校野球イメージガール・「早稲田アカデミー」イメージキャラクターといった名だたる企業の広告塔を務めていらっしゃいますね。

加えて駒井さんは、2019年の春に慶大・文学部に入学したことを公表しています。

今後の活躍が期待される女優でありながら慶大に通う才女とは、恐れ入りました!

現在は「授業についていくのに必死」としながらも、教授のお話が面白かったり食堂でご飯を食べたりと、大学ならではの経験を楽しみつつ仕事にも勤しんでいる模様です。

ちなみに慶大に入学した理由は、お父様がかねてより「慶大に進学したかった」と折に触れて口にしていたためとか。

お父さんの念願を代わりに叶えるかたちとなったわけですから、CMの設定同様に、親孝行な娘さんといえるでしょう。

なお駒井さんは2019年10月に公開された“マネドク”のCMにも出演していらっしゃり、女子高生役で登場するのみならず、ナレーションも担当しています。

今回の「教育資金」篇は、撮影済みの映像を公開したものらしいですね。

AGC CM子役の女の子は誰?高橋一生が不快で嫌いと不評?AGCのテレビCM「なんだしAGC」シリーズが、何とも目を引く仕上がりです。 一度聴いたら頭から離れないフレーズに、高橋 一生さん...
スポンサーリンク

CMソングの情報をチェック!

そしてBGMとして起用されている楽曲は、「ボギー大佐」というタイトルの有名な作品になります。

ボギー大佐は1914年に“英国のマーチ王”とよばれるケネス=アルフォードが作曲した行進曲で、彼の代表作となりました。

映画「戦場にかける橋」のテーマ曲として用いられた、M=アーノルド編曲による「クワイ川のマーチ」としても世界的に知られています。

日本では1963年の4月にNHKの歌番組「みんなのうた」において「口笛吹いて」というタイトルで中原 光夫氏の作詞によるオリジナル歌詞のマーチとして放映されたほか、現在に至るまであらゆるCMソングとして起用され続けていますから、タイトルを知らないまでもメロディは耳にしたことがあるという方がほとんどでしょう。

また一種のネタとして、「サル・ゴリラ・チンパンジー」という意味不明な歌詞を乗せた替え歌も親しまれています^^;

ともあれCMソングとして起用するに当たり、多くの人になじみ深いメロディという要素は非常に重要な気がしますね!

スポンサーリンク