業務スーパーの苦情クレーム電話番号!本社への問い合わせは可?

プロの品質とプロの価格を兼ね備えた、「業務スーパー」

プロの方はもちろん、一般のお客様も大歓迎とPRされているため、日常的に利用している方も大勢いらっしゃるでしょうが、同店は苦情・クレームの受付窓口を設置しているのでしょうか?

「お客様相談室」等の電話番号をチェック!

(画像引用:https://tokubai.co.jp/news/articles/610)

さて業務スーパー公式サイトの「お問い合わせ」ページにアクセスしてみると、「業務スーパーでは、お客様の貴重なご意見・ご質問をより良い商品・サービス向上に生かしてまいります」との一文を添えて、「お客様相談室」の電話番号が案内されていました。

■お客様相談室
<お電話でのお問い合わせ>
TEL:0120-808-348
お問い合わせには、弊社受付時間内に順次対応させていただきます。
受付時間 月~金9:00~17:00(土・日曜日、年末年始を除く)

出典:お問い合わせ|業務スーパー

単に質問ではなく“ご意見”も受け付けており、その内容をより良い商品やサービスの向上に生かしているとの表現から、苦情・クレームに類する内容も、お客様相談室へ申し伝えれば良いのでしょう。

なお本社代表電話の番号なども周知されているのか気になり、業務スーパーを手掛ける「株式会社神戸物産」の会社概要にも目を移してみた所、本社の連絡先は確認できたものの、こちらが一般の問い合わせ窓口として機能しているのか不明なので、やはり問い合わせの一報は「お客様相談室」へ入れた方が良いのではないでしょうか。

一方で業務スーパー各店舗直通の電話番号は、こちらの「店舗案内」ページより確認することができます。

「問い合わせフォーム」の概要も併せてチェック!

お客様相談室に対しては、問い合わせ用のメールフォームを通じて連絡を入れることも可能です。

メール送信後、入力したメールアドレス宛に問い合わせ内容を記載したメールが「kobebussan.co.jp」というドメインより届くシステムとなっています。

メールが届かない場合はメールアドレスの入力間違いや迷惑メール設定の影響が考えられるため、メールアドレスまたはメールの受信設定を確認のうえ、再度問い合わせるか、電話を掛けるようにしましょう。

なおめずらしいことに、業務スーパーのお客様相談室は手紙での問い合わせも受け付けていると明示されています。

<お手紙でのお問い合わせ>
〒675-0063 兵庫県加古川市加古川町平野125番1
株式会社 神戸物産 お客様相談室 宛
※お手紙にはご返信可能なお客様のご住所、ご氏名、お電話番号の記載をお願い申し上げます。

出典:お問い合わせ|業務スーパー

電話・メール・手紙から問い合わせ方法を選べるというのは、利用者目線で大変ありがたいですよね^^

最後に、“お客様の声”がどのように活用されているのかに関しては、こちらの「お客様の声をかたちにしました」という項目にて具体的に確認することができます。

以上、問い合わせ時の参考になれば幸いです。

業務スーパーが安い理由は?

それにしても業務スーパーは、なぜこれほど安いのでしょうか?

深掘りしたところ、業務スーパーが安い背景には、5つの理由があると分かりました。

1つ目の理由は、自社で全て行っていること。

業務スーパーには、自社工場で製造したオリジナル商品や、農業や養鶏で原材料から自社で作った商品も、多数並んでいます。

販売だけでなく、製造や原材料などの全工程を自社にて担うことにより、コストや手間をカットして、良いものをより安く届けているのです。

2つ目は、まとめ買いをしていること。

業務スーパーは、フランス・イタリア・ベルギー・アメリカといった世界約45か国のさまざまな厳選商品を、大きなコンテナでまとめて直輸入しています。

その量はなんと、1年間で富士山約7個分にも上るとか!

シンプルで取引しやすい“まとめ買い”スタイルにより、海外のめずらしい商品も安く買い求めることができるのです。

3つ目は、仕入れコストの削減に注力していること。

問屋を通さずメーカーから直接仕入れる、海外の工場と直接取引して自分たちで輸入する、自社工場でオリジナル商品をつくるなど、業務スーパーは仕入れコストを削減するため、様々な工夫を行っています。

併せて全国の900を超える店舗へ効率的に商品を届けることで、流通コストも削減し、より安い価格を実現しているのです。

4つ目は、無駄・ロス・非効率を徹底排除していること。

例えば広告はウェブチラシがメインで、広告費を掛けない分、商品の価格をより安くできます。

また冷凍食品専用のオリジナル什器や、段ボール陳列などの工夫で、店舗運営のコストを節約。

できるだけ商品を安く届けるべく、無駄やロスの徹底排除に努めているそうです。

5つ目は、オリジナル商品を展開していること。

業務スーパーは、牛乳パック入りのスイーツシリーズや、ふっくらふわふわの卵焼きなど、ほかにないオリジナル商品を手掛けています。

これらの商品を製造する自社工場では、常に製造工程を見直して生産効率を上げることでコストを削減し、さらに美味しく安いお得な商品を目指しているのです。

なるほど安さの裏には、様々な企業努力が存在したわけですね^^