ハードオフの苦情クレーム電話番号!本社への問い合わせは可?

楽器・家電・家具・オーディオ・ゲーム・パソコン・カメラ・フィギュアといった多数の商品を取り扱う、中古品の買取(店頭買取/宅配買取/出張買取)・販売の「ハードオフ」

同店においては、買い取った品物を1点1点チェック・クリーニングしてから販売する、この工程を“生産”と呼んでいるそうです。

リユースショップでありながらも、お客様に安心をお届けするメーカーでもあるー。

そう自負しているというハードオフですが、利用者の生の声を聞き入れる、苦情・クレームの受付窓口を設置しているのでしょうか?

「お客様相談室」の電話番号をチェック!

(画像引用:https://www.hardoff.co.jp/shop/)

さてハードオフの公式サイトにアクセスしてみると、「お客様相談室」という項目があり、「お問い合わせ・ご意見は、下記より承ります」とのアナウンスを添えて、以下の連絡先が案内されていました。

■お客様相談室
店舗やその他サービスに関するお問い合わせ・ご意見は、下記電話番号にて受け付けております。
電話番号 0254-23-8102
受付時間 10:00 ~ 18:00(年中無休)

出典:お客様相談室 | 中古品の買取・販売ならハードオフ

単に問い合わせではなく“ご意見”を受け付けているとの表現を見る限り、苦情・クレームに類する内容も、こちらの窓口へ申し伝えると良いでしょう。

なお、お客様相談室宛の問い合わせ用メールフォームなどは設置されていない模様。

通常はメール連絡のみOKで電話窓口なしという企業が多いですから、めずらしいパターンという印象を受けました。

本社と店舗の連絡先も併せて押さえよう!

続いては本社の連絡先も周知されているのか気になったため、ハードオフの「会社概要」に目を移したところ、本社の代表並びに東京オフィスの電話番号が掲載されていますが(関西オフィスの情報は所在地のみでした)、これらの連絡先が一般の問い合わせ窓口として機能しているといった説明は見受けられません。

そのため個人的な見解を申し上げると、やはり問い合わせの一報は「お客様相談室」まで届けた方が適切という気がしますね。

次に、ハードオフ各店舗の連絡先を押さえていきましょう。

ハードオフグループは、幅広く奥深い店舗体験ができる、ジャンルに特化した8つの店舗ブランドを展開しており、日本全国・海外に900を超える店舗が存在します。

日本全国・海外に広がるハードオフグループ各店舗の情報は、こちらのページよりまとめて調べることが可能。

もちろん店舗直通の電話番号も確認できますし、必要に応じて詳細をチェックしてみてください^^

ハードオフグループ店舗の特徴は?

ハードオフの概要と、ハードオフグループが8つの店舗ブランドを展開していることは既にお伝えしましたが、幅広く奥深い店舗体験ができる、ジャンルに特化した8つの店舗ブランドの特徴についても端的にまとめますので、問い合わせの一助としてください。

まず「ハードオフ」は、楽器・オーディオ・カメラ・パソコン・ゲームなど、趣味や仕事に役立つモノを専門とした買取と販売のお店です。

一方の「オフハウス」は、家具・白物家電・洋服・アウトドア用品など、暮らしにまつわるモノ全般を専門とした買取と販売のお店と位置付けられていますね。

「ホビーオフ」は、トレカ・フィギュア・プラモデル・ラジコンなど、おもちゃ全般を専門的にカバー。

「ガレージオフ」は、タイヤ・ホイール・カーオーディオ・電動工具など、車や自転車にまつわるモノを専門的に取り扱っています。

「モードオフ」は、洋服・バッグ・靴・アクセサリーなど、ファッションアイテムを専門とした買取と販売のお店。

「リカーオフ」では、ワイン・ブランデーなどのお酒、グラスやおちょこなど、お酒にまつわるモノが専門的に取り扱われています。

そして「ブックオフ」は、コミック・文庫本・単行本・雑誌・CD・DVDなどを専門とした、買取と販売を実施。

一方の「ブックオン」は、コミック・新書・小説・ビジネス書など、新品書籍を販売しています。

以上が各店舗ブランドの特徴ですが、店長や、その店舗の地域によって、品揃えやスタッフは異なります。

だからこそ、その店舗の“個性”が生まれるのです。

例えばオーディオ1つとっても、違う店舗に行けば、またそこには違う商品たちや専門家がいます。

1つの店舗だけではなく、いろいろな店舗に立ち寄る楽しさがあるのも、ハードオフグループ店舗の魅力といえるでしょう。