ロイブ解約・退会方法と電話番号を調査!違約金や返金も調査

キレイで通いやすい女性目線のホットヨガスタジオとPRされている、「ロイブ(loIve)」

業界最多のプログラムは初心者から経験者にまで対応しており、質の高いヨガレッスンを受講できるといいますが、解約(退会)方法はどのように定められているのでしょうか?

スポンサーリンク?

ロイブの解約方法をチェック!

(画像引用:https://www.hotyoga-loive.com/)

公式サイトの案内によると、ロイブの月額会員を解約する場合には、本人が希望する解約月の前々月の20日までに(20日が定休日の場合は前営業日までに)、登録店舗もしくは他店舗にて指定の書面による手続きを完了しなければならないそうです。

電話やメールでの解約は受け付けてもらえないことを、あらかじめ留意しておきましょう。

と同時に当然ながら、未払いの会費等がある場合には、それを完納しなければ解約はできません。

来店時に必要なものは、会員証と身分証明書(運転免許証・健康保険証、住民基本台帳カードなど)。

月額会員は「解約月の末日」をもって解約となり、解約月の会費については、解約が月の中途であってもこれを全額支払う必要があります。

なお月額会員として入会する際には2か月分の月会費を前納、3か月目より口座振替にて支払うことになるのですが、月額会員での入会は事務手続き上の理由により、入会月より3か月の継続が必須。

この点に関しては、事前に必ず押さえておきたいですね。

一方、月額会員の方が休会する場合にも、本人が希望する休会月の前々月の20日までに(20日が定休日の場合は前営業日までに)、登録店舗もしくは他店舗にて指定の書面による手続きを完了しなければなりません。

1回の届出手続きで、3か月間まで休会が可能。

ただし休会期間経過後の口座振替は自動的に再開されますから、休会の状況を忘れずに把握しておくよう、注意しましょう。

1回の届出手続きにつき、休会初月に休会手数料2,200円(税込)を口座振替にて支払う必要もありますね。

また入会時に適用したキャンペーン期間中に休会などを申し出た場合でも、キャンペーン価格及び期間の延長はありません。

それだけでなく解約・休会ともに、キャンペーン適用時に関しては、別途キャンペーン約款の内容も押さえておく必要があります。

キャンペーンの種類によっては契約の変更ができない期間が発生するケースも見受けられるので、契約に際しては、より慎重な姿勢が求められますね。

スポンサーリンク

返金の考え方や問い合わせ方法は?

なお納入済みのチケット回数券については、以下の該当する場合においてのみ、返金が可能とアナウンスされています。

1.本施設営業地域外への転居や転勤(転居、転勤の場合は新住所が確認できるものが必要)
2.病気、怪我などの身体的理由(妊娠や病気などは医師の診断書又は母子手帳、通院期間がわかる病院の領収書が必要)
3.その他当社が認めた場合

返金方法は口座振込み(手数料お客様負担)で、返金額はチケット種別ごとに定められた計算方法に則り算出されるそうです。

ちなみに返金されるのは、申し出があった月及びそれ以降の月の利用料のみ。

遡っての対応はできません。

また返金と同時に解約も実施する場合には、事務手数料2,200円(税込)を差し引いた残金が返金されます。

続いて、クーリングオフについても押さえておきましょう。

「施設利用約款」の第15条「クーリングオフ」の記載によれば、入会申込書を受領した日から起算して8日を経過するまでの間、受講者は書面により、契約の解除を行うことができます。

書面は発したときに効力が生じ、契約の解除が成立した場合、それに伴う損害賠償・違約金の支払いは請求されません。

…こうやって見てみると、押さえておきたい事項が幾つもありますね^^;

不明点があれば早めに「お問い合わせフォーム」を活用するか、以下の電話番号に連絡を入れて、解決しておきましょう!

お電話でのご予約・お問合せ

0570-666-969
受付時間:平日・土日祝 9:00~18:00
※このナビダイヤルは札幌市内に着信し、着信地までの通話料金は、お客様負担となります
※PHS・050IP電話からのご利用はできません

スポンサーリンク