ジョリーパスタの苦情クレーム電話番号!本社への問い合わせは可?

今回はおいしいスパゲッティ・ピザが自慢のパスタ専門店「ジョリーパスタ」の苦情・クレーム受付窓口について、具体的な情報をお伝えしたいと思います!

「WEBでのお問い合わせ」方法を押さえよう!

(画像引用:https://sagamiharachuoku.goguynet.jp/)

さてジョリーパスタ公式サイトの「お問い合わせ」ページにアクセスしてみると、「お客様からのお問い合わせには、全社的な課題として真摯に受け止め、社内で検討させていただくことをお約束いたします」とのアナウンスを添えて、下記の問い合わせ用メールフォームが案内されていました。

■WEBでのお問い合わせ
お問い合わせにつきましては、受付時間内で順次対応しております。お返事にはお時間(日数)を頂戴いたしますこと、ご容赦のほどお願い申し上げます。お急ぎの方は、電話窓口にてお伺いいたします。

お店・サービスについて
その他について

出典:お問い合わせ | ジョリーパスタ – パスタ専門店

“お客様からのお問い合わせには、全社的な課題として真摯に受け止め、社内で検討させていただく”との一文や、フォーム内の“ご意見”を受け付けているとの表現を見る限り、苦情・クレームに類する内容にも、対応してもらえるのでしょう。

なお、WEBでのお問い合わせの項目でも重ねて言及されていますが、お急ぎの方に関しては、電話窓口への連絡が推奨されています。

電話窓口の具体的な連絡先は、次の項で押さえていきましょう。

「お客様専用フリーコール」等の電話番号をチェック!

お急ぎの場合にも活用できるという、電話窓口の連絡先は、次のとおりです。

■お電話でのお問い合わせ
0120-993-923(お客様専用フリーコール)
[受付時間]9:00~12:00 / 13:00~17:00(年中無休)
※こちらはお客様専用ダイヤルですので、お取引等に関するお問い合わせはご遠慮下さい

出典:お問い合わせ | ジョリーパスタ – パスタ専門店

問い合わせ時の状況や好みに応じて、メールと電話を使い分けると良いですね。

これだけの情報があれば十分という印象ですが、本社代表電話の番号なども周知されているのか気になったため、続いて「会社概要」のページを確認してみることに。

電話番号が共有されているものの、こちらが一般の問い合わせ窓口として機能しているのかといった詳細は不明なので、やはり問い合わせの一報は「お客様専用フリーコール」へ入れた方が良いかも知れません。

なお、291店舗を数えるというジョリーパスタ各店舗の詳細は、こちらの「店舗検索」ページより調べることが可能。

以上、問い合わせ時の参考にしてみてください^^

ジョリーパスタの特徴は?

最後に、ジョリーパスタの特徴に関しても、改めて確認しておきましょう。

「本当においしいパスタとは?」

味や食感を科学することで、その答えを追求してきたという、ジョリーパスタ。

これまでの研究成果は、パスタソースはもちろん、麺にまで活かされています。

アルデンテ独特の歯ごたえは、オリジナル乾麺ならではのもの。

サラダ・前菜・ピッツァ、そしてドルチェも、パスタとの相性を考えて開発していますね。

ジョリーパスタにとって、パスタこそ、全ての基本なのです。

とはいえ、これからは、“商品力+α”の時代。

ジョリーパスタは、お客様に心から“ごちそうさま”と言っていただけるように、自信と情熱を持って、安全でおいしい商品と楽しさを届けています。

例えば、パスタ専門店ならではの豊富なメニューも、幅広い層の期待に応えるためのもの。

ジョリーパスタでは、本場イタリアの味から日本人好みのおいしさまで、50種類を超えるバリエーションに加え、冷製パスタやスープパスタなど、季節ごとの特別メニューも提供しています。

この優れた商品開発力は、同店の特徴の一つといえるでしょう。

また、ジョリーパスタは、お客様に“安全でおいしい料理”を“手軽な価格”で提供するため、ゼンショー独自の事業モデルであるMMDを活用(㈱ジョリーパスタは㈱ゼンショーホールディングスの完全子会社)。

フェアトレードコーヒーや、イタリア全土のワインをはじめとする安心安全な食材を、世界中から調達しています。

もちろん、徹底的に計算された厨房環境で、注文ごとにパスタを茹で、ピッツァの生地を伸ばし、人の手で一つひとつ丁寧に仕上げるなど、パスタのおいしさも追及。

パスタを軸に、様々なこだわりを持って、ジョリーパスタならではのサービスを提供しているわけですね^^