CM曲・歌手

三菱地所「体操ニッポン」CMのラップ曲と歌手を調査!

三菱地所が“体操ニッポン”を応援するCM「どんな過去よりも 篇」の仕上がりが、めちゃくちゃクールです。

若い世代の溢れるエネルギー、そして重圧や不安を跳ねのけ新しい歴史を刻んでいこうとの意思がダイナミックな映像と力強いトーンで表現されており、体操という競技の魅力をストレートに感じることができますね!

またBGMの歌詞がCMのコンセプトにこれ以上ないほどマッチしていて、思わず心を打たれます。

「世界で一位は1人だけで…」「SIMPLEなGAMEだけに 人は狂わされる」といったフレーズは、特に印象的ですね。

聞けば聞くほど詳細が気になってきたでのですが、今回のCMソングは誰の何という楽曲なのでしょう?

CMソングの詳細をチェック!

リサーチの結果、「どんな過去よりも 篇」で流れるCMソングを手掛けたのは、「KID FRESINO(キッド・フレシノ)」なる人物であることが分かりました!

KID FRESINOは1993年生まれの24歳、埼玉県出身で、ラッパー・トラックメイカー・DJとして活躍しています。

JJJ、Febbとともに結成したヒップホップ・ユニット「FlashBackS」として活動し、2013年には「Horseman’s Scheme」でソロデビューを果たしました。

NYでの活動期間を経て、現在は日本に活動拠点を戻しており、C.O.S.A.とのWネームアルバムのリリース、バンド編成での楽曲制作/ライブ、パーティー「Off-Cent」を始動させるなど、フリーフォームかつジャンルにとらわれない柔軟な活動に注目が集まっています。

なお今回のCMソングは広告用のオリジナル作品であり、タイトルは付いていない模様ですね!

ともあれ同CMはKID FRESINOのラップと競技を行う選手たちの姿が重なる映像、そして体操日本代表選手を応援する三菱地所の想いを的確に代弁しているであろう歌詞が共鳴し合うことにより、これほど胸に響く作品に仕上がったものと考えます。

個人的には今回のCMをきっかけに、KID FRESINOというアーティストについても相当興味を惹かれました^^

プーマCMのラップ曲名と歌手を紹介!(2020年1月より) 破天荒篇「PUMA(プーマ)」が1月11日に始動した新キャンペーン「#破天荒」のキャンペーンムービーが、めちゃくちゃクールです! ...
スポンサーリンク

三菱地所は“体操ニッポン”のオフィシャルスポンサー!

(画像引用:https://www.mec.co.jp/)

改めて押さえておきますと、三菱地所はオフィスビル・商業施設等の開発、賃貸、管理やマンション・建売住宅等の建設、販売、収益用不動産の開発、資産運用等のサービスを執り行う会社です。

そして三菱地所がどうして今回のようなCMを制作しているのかというと、同企業が“体操ニッポン”こと体操日本代表選手のオフィシャルスポンサーを務めていることが理由ですね!

今回の協賛が決定したのは、日々の努力と真摯な演技を通じて人々や街・日本という国に誇りと勇気を与えてくれる体操ニッポンの存在が、「人を、想う力。街を、想う力。」というスローガンのもと“街づくり”にチャレンジする三菱地所の姿勢と相通じるものがあったためといいます。

また三菱地所はオフィシャルスポンサー就任に当たり、体操選手を起用したポスター等も制作しているのですが、こちらにも面白い趣向が見られますよ^^

それぞれの選手が都会のビル群を股に掛けて競技を繰り広げる構成になっていて、「どんな過去よりも 篇」と同様に、体操という競技をリスペクトしながらうまく自社のサービスを絡めた内容に仕上がっています。

ちなみにもう少し「どんな過去よりも 篇」について深掘りしていくと、映像に登場する選手は「萱和磨選手・畠田瞳選手・橋本大輝選手・谷川翔選手・谷川航選手・神本雄也選手・寺本明日香選手」であると判明しました!

実際の選手が披露する“リアル”が題材に取られているからこそ、今回のCMは私たちの心を揺さぶるのでしょうね^^

このような映像を見るにつけても、体操ニッポンへの期待は高まるばかりです。

今後、CMで表現されているようなドラマティックな展開が現実にも起こり、選手たちの努力が結実することを願いたいですね。

ドコモの東京2020CMラップ曲と歌手を紹介!佐藤健が出演ドコモのCM Style'20「新しい感動篇」「はじまりの歌篇」が出色の仕上がりです。 東京2020に向けて鍛錬するアスリ...
スポンサーリンク