三井ホーム苦情クレーム電話番号を調査!本社への問い合わせは可?

オーダーメイドの注文住宅をはじめ、賃貸・土地活用、医院・施設建築、リフォームなどを手掛ける「三井ホーム」

豊富なラインアップとオーダーメイドの家づくり、安心のスタッフ体制により、“憧れを、かたちに”してくれるという同社ですが、苦情・クレームの受付窓口を設置しているのでしょうか?

「ご相談デスク」の案内をチェック!

(画像引用:https://www.mitsuihome.co.jp/home/)

さて三井ホームの問い合わせに関する情報は、こちらの「ご相談デスク」ページにまとめられています。

「ご検討中のお客様/三井ホームご契約者様・オーナー様/三井ホームへのお問い合わせ」という3つの大項目に分けたうえで、相談内容に応じたメールフォーム等が案内されていますから、問い合わせ時にはまず目をとおしてみると良いでしょう。

苦情・クレームがある場合に利用する可能性が高いのは、次のような窓口でしょうか。

〇三井ホームご契約者様・オーナー様向け
<ご契約後・建物お引渡し前のお客様>
ご相談・ご意見・お問い合わせは、こちら。ご契約やお引渡しまでの手続き等に関するご相談を承ります。

<三井ホームのオーナー様>
ご相談・ご意見・お問い合わせは、こちら。三井ホームオーナー様からのご相談を承ります。

〇三井ホームへのお問い合わせ
その他お問い合わせは、こちら。三井ホームに関するお問い合わせを承ります。

出典:ご相談デスク |〈公式〉三井ホーム

なお上記の窓口に対する連絡手段は全て問い合わせ用のメールフォームであり、電話の連絡先は見当たりませんでした。

本社及び「お近くの三井ホーム」の連絡先を押さえよう!

そこで本社代表電話の番号等は周知されているのか気になり、三井ホームの会社概要に目を移してみました。

一応、本社代表電話の連絡先が記載されていましたが、こちらが一般の問い合わせ窓口として機能しているとのアナウンスは見受けられません。

そのため個人的な印象を申し上げるなら、問い合わせの一報はまず「ご相談デスク」が提示する連絡先に入れた方が良いように感じました。

一方、全国に広がる三井ホームの営業所・ショールームに関しては「お近くの三井ホーム」より詳細な情報を確認することが可能。

各営業所やショールームについて、所在地のみならず電話番号も紹介されているので、状況によってはこちらへサポートを仰ぐのも一案でしょう。

最後に、三井ホームは非常に大きな組織ですから、「三井ホームグループ」にも数多くの会社が名を連ねています。

問い合わせ時には「三井ホームグループの事業」の項目にて、「三井ホームグループリンク」なども参照しつつ、連絡先を混同することがないよう注意したいですね^^

三井ホームの特徴・強みとは?

三井ホームの事業が多岐にわたることは前述のとおりですが、その特徴についても端的にまとめますので、問い合わせの一助としてください。

1974年の設立以来、耐震性・断熱性などの“基本性能”に優れたツーバイフォー工法のリーディングカンパニーとして、さまざまな技術開発による性能向上を図りながら、安全・安心で快適な住まいをつくり続け、46年間で約24万棟もの住まいを届けてきた三井ホーム。

同社はこれからも、人と環境に優しい“木”を活かしたサスティナブルな建物を提供することによって社会に貢献するとともに、これまで培ってきた優れた技術力、デザイン力に更なる磨きをかけ、時を経てなお美しい、人々の憧れになる住まいとくらしの提供に努めていくといいます。

人口減少や少子高齢化による社会構造の変化に加え、働き方改革や新型コロナウィルス感染症対策等を背景としたテレワークの増加など、住まいに対するニーズや価値観も変化している中ではありますが、豊富な実績に裏付けられた高い技術力と、それに驕ることなく成長を続ける姿勢は、同社の特徴であり、また強みであるといえるでしょう。

また、三井ホームは、これまで以上に三井不動産グループとの連携を図り、社会の変化に柔軟かつ迅速に対応することで、より多くの事業機会を獲得し、注文住宅事業のより一層の拡大を図るとともに、「リフォーム事業」「施設系建築事業」「海外事業」のさらなる成長を促進し、新たなフィールドへのチャレンジを続けるとも表明しています。

数多くのグループ会社が存在し、それらと関わり合いながら自社の強みを伸ばしていけることも、三井ホームの大きな強みかも知れませんね^^