CM曲・歌手

マウントレーニアCM曲と歌手、眼鏡の俳優も紹介!西島秀俊出演

去年から放送されている森永乳業・マウントレーニアのCM「ジャーナリスト」篇で流れるBGMが、非常に良い感じです。

前半の緊張感あふれる展開が緩和するタイミングでゆるりと流れ始め、耳に馴染む男性ボーカルと優しいメロディで、心に染み入ってきますね^^

魅力的な一曲ですが、こちらのCMソングは誰の何という作品なのでしょう?

加えて西島 秀俊さんに対し「キミ、生意気だね」との一言を投げかけるスーツに眼鏡姿の男性が知的な雰囲気でかっこよく、詳細が気になったので、併せて情報をまとめました。

CMソングの情報をチェック!

今回のCMは、ジャーナリスト役の西島さんが取材相手に突撃する場面から始まります。

ひしめき合うジャーナリストたちに揉みくちゃにされ、思わず前に飛び出してしまう西島さんですが、焦って掛けた言葉が取材相手の心に留まったらしく、単独取材を行える運びとなるのでした。

取材を終えて一人になった西島さんが「マウントレーニア」を口にし、緊張から解き放たれてみせる、ほどけた表情が印象的ですよね^^

同CMのテーマは「ほどける ひとくち」であり、こころのゆとりを取り戻し前向きな気持ちにさせてくれる存在として「マウントレーニア」を描いたといいますから、より感覚的に気持ちの変化を表現するCMソングの役割もまた、かなり大きいといえるでしょう。

さてリサーチの結果、今回のBGMには「bittersweet(ビタースウィート)」という曲名が付いていることが分かりましたが、CMのために書き下ろされたオリジナル楽曲のようですね。

音楽制作は「Ongakushitsu Inc.」が担当し、作詞・作曲を五十嵐 文武さん/ピアノ演奏を東川 亜希子さん/音楽プロデュースを福島 節さんが手掛け、歌唱はアマリカ人の男性歌手「David」が務めたといいます。

それ以上のことは判明いたしませんでしたが、とても素敵な曲なので、本格的に売り出せば需要はある気がしますよね。

なお、音楽プロデュース担当の福島 節さんは、プロデュースや作曲だけでなく、歌手として数々のCM曲を歌っている事でも有名です。

パナソニックホームズCM曲と歌手を調査!雪でも全館空調が暖かいパナソニックホームズの全館空調システム「エアロハス」に焦点を当てたブランドCMが、何とも心温まる仕上がりです。 「どこでも、うたた...
スポンサーリンク

眼鏡の俳優は一体誰!?

そして西島さんに相対する眼鏡姿の取材相手は、俳優として活躍する馬場 徹さんであることが分かりました!

小学校6年生から芸能活動を始めた馬場さんは、映画やドラマの他、舞台へも出演する実力派の俳優です。

「テニスの王子様シリーズ」を始め、朗読劇やつか こうへいさんの「新・幕末純情伝」、帝国劇場のミュージカルにも出演経験がありますよ。

アメーバブログの若手俳優を集めた「PureBoys」の元メンバーでもあり、実兄は元Jリーガーの馬場 憂太さんという情報は、ちょっとしたトリビアでしょうか。

「ルーズベルトゲーム」「陸王」「99.9」「下町ロケット」などへの出演で更に注目を集め、直近では「グランメゾン東京」でgakuに新しくやってきたシェフ・結月 聡(ゆづき さとし)を演じ、存在感を示しました。

なお生前のつかさんは馬場さんを称し「あいつ、できる」との言葉を残しているそうで、こちらのエピソードからも、その類まれなる才能の一端を伺い知ることができますね。

顔立ちが整っているので、初見ではどうしても“イケメン俳優”とのイメージのみを持ってしまいがちですが、そのキャリアを知り、見た目だけではなく演技力も素晴らしい方なのだとよく理解できました。

プロフィールは、以下のようになっています。

ちなみに1993年2月より発売されている「マウントレーニア」は、“チルドカップコーヒー”という新たなカテゴリーを創造したパイオニアブランドです。

私自身も以前より折に触れて購入しているのですが、西島さんを新たなイメージキャラクターに起用して新しいストーリーを打ち出した今回のCMをみて、すぐにでも飲みたい気分にさせられましたね^^

スポンサーリンク