任天堂の苦情クレーム電話番号を調査!本社への問い合わせは可?

家庭用ゲーム機・ニンテンドースイッチの大ヒット等で知られる、「任天堂」

世界的にも有名な企業の一つですが、同社は苦情・クレームの受付窓口を設置しているのでしょうか?

任天堂への“ご意見”はメールにて!

(画像引用:https://www.nintendo.co.jp/)

さて任天堂公式サイトの「サポート情報」ページに掲載された「個人のお客様向けお問い合わせ窓口」の項目をチェックしてみると、「商品・サービスなどへのご意見」については、下記のフォームより連絡を入れるよう案内がありました。

■ご意見窓口
受付内容:商品・サービスなどへのご意見
※ゲームの攻略情報は、お答えしておりません
送信フォームは、こちら

出典:お問い合わせ窓口 | 任天堂

同フォームは「ご意見の内容」を入力する空欄が一つあるばかりの非常にシンプルな作りながら、疑問・質問ではなく“ご意見”の窓口というアナウンスを鑑みると、苦情・クレームに類する内容についても受け付けてもらえるのでしょう。

ただ残念なことに、「ここからお送りいただいた内容には、返信しておりません」との注意書きが添えられていますね。

加えて「ご意見窓口」には電話の受付も備えられておらず、双方向のやり取りは不可能なようでした。

また、任天堂の「会社情報」もチェックしてみたのですが、本社の代表電話が一般の問い合わせ窓口として機能している等の情報は一切見当たりませんでした。

やはり“ご意見”を申し伝えたい場合には、「ご意見窓口」までメールフォームを介して連絡を入れるしか方法はないようです。

とはいえ任天堂は、ご意見窓口の他にも商品・サービスなどへのお問い合わせや、ゲーム機の故障相談・修理について受け付けている「任天堂サービスセンター」、Nintendo Switch Online・ゲーム機の取扱い・インターネット接続について受け付けいる「任天堂テクニカルサポートセンター」など様々な「個人のお客様向けお問い合わせ窓口」を設置しており、状況や問い合わせ内容に応じて各種窓口を使い分けできるようになっています。

以上、お問い合わせ時の参考になれば幸いです^^

任天堂の特徴とは?

最後に、任天堂という企業の特徴についても、改めて確認しておきましょう。

“娯楽を通じて人々を笑顔にする会社”として、誰もが直感的に楽しむことのできる“任天堂独自の遊び”の提供を目指しているという、任天堂。

この独自の娯楽体験を実現するために、ハード・ソフト一体型のゲーム専用機ビジネスを経営の中核に置き、どのような娯楽でも、いつかは必ず飽きられてしまうという考えのもと、世界中のすべての人々に向けて独創的な商品やサービスの提案を続けています。

ゲーム専用機ビジネスでは、“いつでも、どこでも、誰とでも”遊ぶことができるNintendo Switchの魅力や価値を伝えるとともに、スーパーマリオをはじめとするユニークなゲームソフトを提供。

そして、この中核ビジネスを持続的に成長させるべく、“任天堂IPに触れる人口の拡大”を基本戦略として掲げ、世界中に広く普及するスマートデバイスをはじめ、映像コンテンツやテーマパーク、キャラクターグッズなど、ゲーム専用機以外の分野でもお客様と任天堂IPとの接点を広げていることが、同社の特徴の一つといえるでしょう。

また、ニンテンドーアカウントを通じて、“ハード・ソフト一体型の遊び”を中心としたさまざまな娯楽体験がプラットフォームの世代を超えてつながる仕組みを構築することで、お客様一人ひとりと長期的な関係を築くことに注力。

任天堂はこれからも、娯楽は他と違うからこそ価値があるという“独創”の精神を大切にし、時代に合わせて自らを柔軟に変化させながら、同社の強みを活かしたユニークな娯楽を提案することによって、企業価値の向上に努めていくと宣言されています。

このような戦略を見るにつけても、任天堂の地位はますます盤石なのではないでしょうか^^