楽天モバイルの苦情クレーム電話番号!本社への問い合わせは可?

今回の記事では、CMも印象的な「楽天モバイル」の苦情・クレーム受付窓口について、具体的な情報をまとめてまいります。

「お客様サポート」の情報をチェック!

(画像引用:https://network.mobile.rakuten.co.jp/)

さてはじめに個人的な意見を率直に申し上げますと、楽天モバイル公式サイトの問い合わせ先に関連するページは情報量が多く、これ!という一つの窓口が案内されているわけではないため、少々分かりづらい印象を抱いてしまいました^^;

ともあれ「お困りごとに合わせた、最適な解決方法とお問い合わせ先」のご案内は、「お客様サポート」ページに集約されていますから、問い合わせ時にはまずそちらの内容を一読すると良いでしょう。

ちなみにお客様サポートには「プラン・サービス」「申し込みからご利用開始まで」「初期設定」「Rakuten Link」「製品」「エリア・データ通信」「請求・お支払い方法」「契約内容・お手続き」「キャンペーン」「その他/盗難・紛失・利用停止」という10のカテゴリーがあり、それぞれを更に細分化した上で、関連のページへアクセスできるようになっています。

例えば「プラン・サービス」→「プランの詳細」と進んでいくと、その先のページにて「プランの詳細に関するサポート」や「よく見られているご質問」の内容をチェックできるのですが、それでも“お困りごとが解決しない場合”には、各ページからチャットや電話で問い合わせることができるとのアナウンスが見られますね。

その点を踏まえて「よくある質問」ページに目を移し、画面をスクロールしたところ、以下のような連絡先を確認できました。

〇解決しない場合は、お問い合わせください
<iPhoneなどのApple社製品のお問い合わせ>
・メールでお問い合わせ
専用フォームに入力する。
※iPhoneのご購入・配送・開通・初期設定・故障に関わるご案内専用窓口です。楽天モバイルの各種サービス、お申し込み後のご不明点については「お申し込み済み・ご契約中の方」よりお問い合わせください。
・電話でお問い合わせ
電話番号のおかけ間違いにより、一般の方へご迷惑をおかけする事象が発生しております。お掛け間違いのないようお願い申し上げます。
0800-805-0600
※通話料無料でご利用になれます。
営業時間 9:00~20:00(年中無休)

出典:お客様サポート | 楽天モバイル

<通常のお問い合わせ>手段としては、「チャットでお問い合わせ」と「電話でお問い合わせ」の2とおりが用意されています。

問い合わせ用のチャットは、こちらのページにアクセスの上、中央より少し下のパートから利用することができます。

更に下に進むと、電話連絡が可能な問い合わせ窓口の一覧も。

連絡先は問い合わせ内容によって異なり、窓口の数が多いので、状況に応じて使い分けてください。

「電気通信事業者協会相談窓口」や各店舗の連絡先を押さえよう!

そういったわけで、楽天モバイルは電話・メール・チャット等での連絡が可能な複数の問い合わせ窓口を有していることが理解できたものの、“苦情・クレーム”という直接的なワードを冠した窓口は見付かりませんでした。

そのため、とりあえずは該当するカテゴリーの窓口に一報を入れることになるでしょうが、楽天モバイルは以下のような連絡先も紹介しており、まさしく苦情・クレームに対応する窓口のようですから、利用を検討してみてください。

〇電気通信事業者協会相談窓口(TCA相談窓口)
当社が加盟する一般社団法人電気通信事業者協会では、通信サービス全般に関するさまざまなご相談やお問い合わせ、業界に対するご意見・ご要望を受付ける相談窓口を運営しています。詳細は電気通信事業者協会の相談窓口のご案内ページをご確認ください。
電気通信事業者協会のページを見る
※一般社団法人電気通信事業者協会のサイトに移動します。

出典:お客様サポート | 楽天モバイル

一方、会社概要に目をとおしても本社の電話番号は掲載されていなかったものの、各ショップ(店舗)の連絡先はこちらから調べることが可能。

以上、問い合わせ時の参考になれば幸いです^^

楽天モバイルの解約方法や手順を紹介!

さて、楽天モバイルに対して苦情・クレームを抱えているような場合には、その解約を考えるケースもあるでしょう。

そこで、楽天モバイルの解約方法や手順、また気になる契約解除料の発生に関しても、関連の情報を深掘りしてみました。

まず解約時には、my 楽天モバイルから、各種オプション・サービスやご契約プランの解約・変更、他社への乗り換え(MNP転出)等のお手続きを進めることができます。

ご契約プランの解約方法は、以下のとおり。

ご契約プランの解約方法

<Webでの解約の場合>
1.my 楽天モバイルのメニューから「契約プラン」を選択。
2.各種手続きの「その他のお手続き」から「解約」を選択。
※他社へのお乗り換え(MNP転出)を希望する場合は、各種手続きの「その他のお手続き」から「他社への乗り換え(MNP)」を選択。
3.注意事項を読み、「アンケートに進む」を選択。
4.アンケートに回答し、「申し込む」を選択。
※解約のキャンセルは不可。十分注意を。
5.解約お申し込み完了。

<アプリでの解約の場合>
1.my 楽天モバイル(アプリ)のメニューから「契約プラン」を選択。
2.各種手続きの「その他のお手続き」から「解約」を選択。
※他社へのお乗り換え(MNP転出)を希望する場合は、各種手続きの「その他のお手続き」から「他社への乗り換え(MNP)」を選択。
3.注意事項を読み、「次へ進む」を選択。
4.アンケートに回答し、「申し込みを完了する」を選択。
※解約のキャンセルは不可。十分注意を。
5.解約お申し込み完了。

ここで注意しなければならないのは、「スマホ交換保証プラス」「故障紛失保証 with AppleCare Services」「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」などをご契約されている場合、通信契約(ご契約プラン)の解約と同時に、サービス解約とはならないこと。

別途、個別でのサービス解約手続きが必要となるので、併せて実施しましょう。

またSIMカードをご利用の場合、解約時には返却が必要ですから、あらかじめ留意してください。

解約時における請求は、どのようになる!?

続いては、契約解除料、すなわち“違約金”が発生するのか否かについて、お伝えしたいと思います。

結論から申し上げますと、楽天モバイルに“最低利用期間”の設定はありません。

すなわち、通信契約の解除による契約解除料は発生しないというわけですね。

これは利用者にとって、非常にありがたいシステムと言えるでしょう。

オプション・サービスは月途中で解約した場合、解約月の料金は日割り計算に。

こちらも利用者目線で大変助かりますが、「10分(標準)通話かけ放題」「国際通話かけ放題」「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」といったオプション・サービスは、日割り計算の対象外。

解約日に関わらず、解約月の月額請求がなされることを、念頭に置いておきましょう。

もちろん、スマートフォンなど製品の分割請求が残っている場合には、請求が継続します。

残っている金額等々を確認する際には、楽天モバイルではなく、ご利用のカード会社へ連絡を入れてください。

ちなみに解約後の請求については、口座振替の場合、翌月27日(休日の場合には翌営業日)に引き落としとなります。

クレジットカード・デビットカードの場合は、お使いのカードの締め日などによって異なるため、請求の時期に関しては、ご自身にてカード会社のご利用明細を確認するか、お問い合わせ窓口に問い合わせましょう。

これに際して注意したいのは、楽天モバイルからカード会社への請求については、当月利用分を翌月にカード会社へ請求しているため、“カード明細に記載された料金は前月のご利用分”となること。

例えば6月利用分の場合、明細の日付には7月と表記されます。

このあたりのシステムを理解しておかないと、解約の手続きが無事完了しているにも関わらず、解約ができていないのでは!?と混乱する事態にもなりかねませんから、留意してください。