すしざんまい苦情クレーム電話番号を調査!本社への問い合わせは可?

今回は“マグロ大王”こと木村 清社長のキャラクターでも注目を集める「すしざんまい」の苦情・クレーム受付窓口について、具体的な情報をお伝えしたいと思います!

「一般ご意見フォーム」の概要をチェック!

(画像引用:https://www.kiyomura.co.jp/store)

さて、すしざんまい公式サイトの「お問合せ」ページにアクセスしてみると、「ご意見・苦情などがございましたらお聞かせください」とのアナウンスを添えて、下記の問い合わせ用メールフォームが設置されていました。

■お問合せ 「すしざんまい」に関するご意見・ご要望・苦情など
お客様により良いサービスをご提供し、満足していただくために、「すしざんまい」に対するご意見・苦情などがございましたらお聞かせください。
各店舗やメニューその他に関するご質問も、こちらからどうぞ。
一般ご意見フォーム

出典:お問合せ、お申込 – すしざんまい

案内文を見る限り、こちらの「一般ご意見フォーム」がまさに、苦情・クレームがある場合の連絡手段と言えそうですね。

一方、最新&おすすめの情報を提供したいという方は、別途用意された以下のフォームを活用してください。

■お問合せ 最新&おすすめの情報を提供していただける方
全てのお客様に喜んでいただくため、食材や原料、飲料、または、サービスや器具、機器などに関する最新&おすすめの情報を広く求めています。
情報を提供していただける方は、こちらからご案内ください。
情報をお寄せいただいた方には、後日、担当者から連絡いたします。
情報ご提供フォーム

出典:お問合せ、お申込 – すしざんまい

なお「一般ご意見フォーム」並びに「情報ご提供フォーム」と対を成すような、電話窓口の情報は見当たりませんでした。

すしざんまい各店舗の電話番号等をチェック!

そこで続いては、本社代表電話の番号などが周知されていないかと、すしざんまいを手掛ける「株式会社 喜代村」の会社概要をチェックしてみたところ、本社の所在地は押さえることができましたが、電話番号は共有されていませんでした。

一方で、すしざんまい各店舗直通の電話番号は、「店舗検索」より調べることが可能です。

各店舗の「お店の詳細」ボタンをクリックすると、さらに、メニュー・営業時間・定休日・喫煙に関する情報・座席数・予約の可否・クレジット/キャッシュレスに関する情報・取扱サービス等についても確認することができますね。

連絡先を調べる際以外にも役立つ内容ですから、すしざんまいの店舗へ足を運ぶ場合には、是非一度目をとおしてみてください。

ちなみに「お問合せ」ページには、「なお、ご予約に関しては、各店舗へ直接お電話でお問合せください」との指示も掲載されています。

すしざんまいへの連絡はメール・電話の双方で可能ながら、「一般ご意見フォーム」に「情報ご提供フォーム」、そして各店舗直通電話のどれを選べば良いかは、状況によって異なるというわけです。

以上、問い合わせ時の参考にしてみてください^^

すしざんまいの特徴とは?

ところで、木村 清社長が“マグロ大王”との異名を持つ背景には、どのような理由があるのでしょうか?

その件に関してリサーチしつつ、すしざんまいの特徴についてもまとめました。

さて、今から30数年程前までは、本鮪を一年中、安定的に供給することはできなかったため、寿司店でも日によっては品切れだったり、価格も時価で販売されたりすることが当たり前でした。

すしざんまいでは、この本マグロを社長である木村氏が、世界の海を駆け巡り、試行錯誤の末、一年を通じて安定的に仕入れるシステムを考案、開発。

これにより、味・品質とも厳選された最高級の本マグロを、常に低価格で提供することを実現させたのです。

また、このシステムの開発に当たっては開発当初から、本マグロの資源の保護や、環境の保全にも注力。

結果として、北大西洋では、かつて3か月かけても1年分の数量が獲れなかった本マグロを、今では、1年分の漁獲量である約3万トンを1日で獲ることができるまでに回復させました。

世界の海から厳選した極上の本マグロは、洋上で大型の加工船へと積み替え、検品した後に、空輸で日本へ。

すしざんまいといえば、本マグロがいつでも美味しい点が特徴ですが、これを成し遂げるまでには、壮大な物語と並々ならぬ企業努力があったわけですね。

こちらのエピソードにて、木村社長が“マグロ大王”と称されている理由、また氏の活動が資源保護や環境保全の面でも大きな役割を果たしたことが、お分かりいただけたかと思います。

ともすると、コミカルな面ばかりに目がいってしまいますが、すしざんまいの顔である木村社長は、まさしく大王の名にふさわしい人物というわけですね^^