ウォンツの苦情クレーム電話番号を調査!本社への問い合わせは可?

今回は地域社会の美と健康に奉仕するドラッグストア「ウォンツ(Wants)」について、苦情・クレームがある場合はどこへ連絡を入れると良いのか、具体的な情報をお伝えしたいと思います!

お問い合わせフォームの概要をチェック!

(画像引用:https://dpoint.jp/cp_2/section/poincosquare/dbarai/wants.html)

さてウォンツ公式サイトの「お問い合わせ」ページにアクセスしてみると、「サイトに関してご不明な点、ご質問等ございましたら以下のフォームよりお問い合わせください」とのアナウンスを添えて、問い合わせ用メールフォームが案内されていました。

「問い合わせ種別」の入力欄に目を移すと、「店舗について」「ホームページについて」「店舗物件募集について」「採用について」「アプリについて」「その他」という6つの選択肢が。

“その他”という選択肢が用意されているあたり、あらゆる問い合わせに対応しているということでしょうから、苦情・クレームに類する内容も、本フォームを通じて申し伝えれば良いと考えます。

問い合わせに対する「お返事方法」は、「メール」「電話」「返信を希望しない」の3パータンから指定することが可能。

希望すればしっかりリアクションがあるというのも、利用者にとっては心強いですね。

なお携帯メールアドレスへの返信を希望する場合、迷惑メール対策などでドメイン指定受信を設定していると返答メールが届きませんから、「@tgn.tsuruha-gr.jp」からのメールを受信できるよう、あらかじめ設定を済ませておきましょう。

電話を通じての問い合わせは可能…?

ちなみに「お問い合わせ」ページを読み込んでみても、問い合わせ用のメールフォームと対になるような電話窓口の情報は、掲載されていませんでした。

そこで本社代表電話の番号などは周知されていないのかと、ドラッグストアウォンツを運営する「株式会社ツルハグループドラッグ&ファーマシー西日本」の会社概要をチェックしてみた所、広島に所在する本社の電話番号並びにファックス番号が共有されていますね。

しかしながら、これらの連絡先が一般の問い合わせ窓口として機能しているのか否かはよく分かりません。

それゆえ、やはり問い合わせの一報は「お問い合わせ」ページの案内に従いメールフォームを通じて入れた方が良いのではないでしょうか。

一方、ウォンツ各店舗直通の電話番号は、こちらの「店舗・チラシ検索」より調べることが可能。

ちなみにこちらの検索ページはウォンツのみならず、ツルハグループが展開する「ツルハドラッグ」「くすりの福太郎」「ウェルネス」「レデイ薬局」「杏林堂」「B&D」の情報も併せてカバーしていて、非常に便利です。

以上、問い合わせ時の参考にしてみてください^^

ウォンツの特徴とは?

それにしても、ツルハグループが複数の店舗形態にてドラッグストアを展開していることは既にお伝えしましたが、ウォンツは同グループ内において、どのような特徴を持ち、差別化されているのでしょう?

ウォンツを手掛ける株式会社ツルハグループドラッグ&ファーマシー西日本のデータをもとに深掘りしてみたので、問い合わせの一助としてください。

さて株式会社ツルハホールディングスのグループ企業に当たるツルハグループドラッグ&ファーマシー西日本は、前述のとおり、広島に本社を置き、広島県・山口県・島根県・鳥取県・福岡県にて、ドラッグストア事業を展開しています。

西日本地区におけるツルハグループの営業基盤をより強固なものとすべく、出店を加速。

中国地方最大級のドラッグストア・調剤薬局として、地域密着の店舗展開を進めていますね。

ちなみにツルハグループドラッグ&ファーマシー西日本が手掛けるのは、「ウォンツ」「ウェルネス」「ツルハドラッグ」という3ブランドのドラッグストア・調剤薬局。

そしてこの3ブランドは、地域によって住みわけを行っているようです。

具体的には、中国地方・九州地方を中心として、広島・山口エリアにウォンツ、島根・鳥取エリアにウェルネス、福岡エリアにツルハドラッグを展開。

なお、これら3ブランドは、医薬品、健康食品、化粧品、ベビー用品、日用雑貨などの販売を行っている点が特徴で、「広島県・山口県では『ウォンツ』として展開 島根県・鳥取県では『ウェルネス』として展開 福岡県では『ツルハドラッグ』として展開」という公式の案内を見るにつけても、やはりブランドの違いは地域の違いからくるところが大きく、サービス内容自体に大きな差異はないようですね。

ツルハグループは非常に大きな組織ですが、この辺りの事情を押さえておくと、問い合わせ等が少し楽になるかもしれません^^